タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】ジョン・ウィック:チャプター2

キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を取り入れたアクションでヒットを記録した「ジョン・ウィック」のシリーズ第2弾。

ジョンウィックチャプター2

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :122分
監督 :チャド・スタエルスキ
製作総指揮:ジェフ・ワックスマン、ロバート・ベルナッキ、デビッド・リーチ、ケビン・フレイクス、ビシャル・ルングタ
原作 :ー
脚本 :デレク・コルスタッド
音楽 :タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード
出演 :キアヌ・リーブス、リッカルド・スカマルチョ、ルビー・ローズ、ジョン・レグイザモ、コモン、ピーター・ストーメア、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン、フランコ・ネロ

ストーリーは、
前作でニューヨークを舞台にロシアン・マフィアを相手に繰り広げた壮絶な復讐劇から5日後。平穏な生活を送りたいジョンは、イタリアン・マフィアのサンティーノからの殺しの依頼を断るが、それにより自宅を爆破されてしまう。ジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危険を感じたサンティーノに7億円もの懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻き込まれてしまう・・・

アクション アクション アクション

最初から最後までアクションの連続です

テンポが良いのであっという間の2時間

今時の映画では珍しく美女が出てこないのが残念でしたが・・・

(ちょっと男臭いねん

80年代のアクション映画を彷彿させるめっちゃ面白い映画でしたよ

(絶対にチャプター3もあるな




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/10(月) 22:42:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的

「気狂いピエロの決闘」の鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、謎の狙撃手に狙われたバルに取り残された8人の男女を描いた密室劇。

クローズドバル

製作 :2017年 スペイン
上映時間 :102分
監督 :アレックス・デ・ラ・イグレシア
製作総指揮:カロリーナ・バング、キコ・マルティネス
原作 :ー
脚本 :アレックス・デ・ラ・イグレシア、ホルヘ・ゲリカエチェバリア
音楽 :ー
出演 :ブランカ・スアレス、マリオ・カサス、ジェイミー・オルドネス、カルメン・マチ、アレハンドロ・アワダ、テレール・パベス、セクン・デ・ラ・ロサ

ストーリーは、
マドリードの交差点に建つ1軒のバル。常連たちで賑わう中、店を出た客が突如として頭を撃ち抜かれ、その様子を見に行った客も銃撃されて死んでしまう。店内に残った人々は、どこから狙われているのかわからないため外に逃げることもできず、パニックに陥っていく。ところが、ふと外を見ると、道に転がっていたはずの2人の死体と血痕が跡形もなく消えており・・・


ハラハラドキドキが連続のシチュエーションスリラーでした

(目を背けたくなるシーンも連続でしたが・・・

ストーリーはツッコミどころ満載

意味も分からず2人射殺されて、死体が消えて・・・

そこまでは良かったものの、ドタバタ劇の様相になるのが残念

もっと謎解きの要素が欲しかったなぁ〜

(グロいのがOKな人は楽しめるのかも




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/09(日) 23:57:37|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】手紙は憶えている

アトム・エゴヤンが監督を務め、ナチスに家族を奪われた男の復讐劇に迫るサスペンス。戦時中、互いに収容所から何とか生き延びた友人との約束で、かつての虐殺者を捜して敵討ちの旅に出る老人の姿を描く。

手紙は憶えている

製作 :2015年 カナダ・ドイツ合作
上映時間 :95分
監督 :アトム・エゴヤン
製作総指揮:マーク・マセルマン、アナント・シン、モイセス・コジオ、マイケル・ポーター、ジェフ・サガンスキー、D・マット・ゲラー、ローレンス・ガターマン
原作 :ー
脚本 :ベンジャミン・オーガスト
音楽 :マイケル・ダナ
出演 :クリストファー・プラマー、マーティン・ランドー、ヘンリー・ツェニー、ディーン・ノリス、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・プロホノフ、ハインツ・リーフェン、ディーン・ノリス

ストーリーは、
最愛の妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ。ある日、ゼブは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はナチスの兵士に大切な家族を殺された、アウシュビッツ収容所の生存者だった。手紙にはナチスの兵士に関する情報が記されていた。兵士の名前はルディ・コランダー。身分を偽り、今も生きているという。容疑者は4人にまで絞り込まれていた。体が不自由なマックスの思いも背負い、ゼブは復讐を決意し、1通の手紙とおぼろげな記憶だけを頼りに単身旅に出る・・・


『ラスト5分の衝撃――すべての謎が解き明かされるとき、あなたの見ていた世界は一転する』

この煽りが気になり、映画を観ましたが・・・

それほどでも

ラスト5分の衝撃って書かなかった方が、素直に楽しめるんじゃないのかな・・・

(話としては十分面白いし・・・)

主人公がご高齢なので展開も少しスローリーでヤキモキすることも多々ありましたが・・・

認知症のおじいちゃんが1人で行動するもんやから、そういう意味でもハラハラしたよ




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/08(土) 10:41:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】レッド・ダイヤモンド

ブルース・ウィリスが悪役を演じ、5億ドルの宝石をめぐって悪党たちが繰り広げる争奪戦を描いたクライムアクション。マフィアと強盗団と暗殺者たちが入り乱れ、仁義なき戦いを繰り広げる様子を活写する。

レッドダイヤモンド

製作 :2016年 カナダ
上映時間 :90分
監督 :マックス・アダムス
製作総指揮:ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、バリー・ブルッカー、スタン・ワートリーブ、マーク・スチュワート、マーティン・リチャード・ブレンコウ、ベネディクト・リー、アンソニー・ジャブレ、バンス・オーウェン、スティーブン・サクストン、テッド・フォックス、コーリー・ラージ
原作 :ー
脚本 :マックス・アダムス、ポール・V・シータチット
音楽 :ジェームズ・エドワード・バーカー、ティム・デスピック
出演 :マーク=ポール・ゴスラー、ブルース・ウィリス、クレア・フォーラニ、ダニエル・バーンハード、ニック・ローブ、リディア・ハル、ジョン・ブラザートン、タイラー・ジョン・オルソン、サミー・バーバー、ジェナ・ケリー

ストーリーは、
名泥棒としてその名をとどろかせるジャック(マーク=ポール・ゴスラー)の前に、消息不明だった元相棒で恋人のカレン(クレア・フォーラニ)が突然姿を現す。マフィアの首領エディ(ブルース・ウィリス)から請け負った仕事に失敗した彼女は追われる身で、名誉挽回のためにジャックの手を借りにきたのだった。ジャック一味はカレンの助っ人を買って出るが・・・


また、「ブルース・ウィリス出る出る詐欺」に引っかかってしまった・・・

(パッケージは主役みたく写ってるのに敵役やし、あんまり出ぇへんがな

でも、B級感満載でチープな感じは私好み

軽いノリで何も考えずに見れちゃいます

まぁまぁ楽しめる映画でしたよ




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/07(金) 07:14:12|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ネオン・デーモン

「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、究極の美を追求するファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、きらびやかに彩られた独特の映像美とスタイリッシュな音楽に乗せて描いたサスペンススリラー。

ネオンデーモン

製作 :2016年 フランス・アメリカ・デンマーク合作
上映時間 :118分
監督 :ニコラス・ウィンディング・レフン
製作総指揮:クリストフ・ランデ、ブラヒム・シウア、クリストファー・ウッドロウ、マイケル・ベイシック、スティーブン・マーシャル、ミシェル・リトバク、ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、ジェフリー・スコット、マニュエル・チッシュ、マシュー・リード、ビクター・ホー、レイチェル・ディック、ソール・シグルヨンソン、
原作 :ー
脚本 :ニコラス・ウィンディング・レフン、メアリー・ローズ、ポリー・ステンハム
音楽 :クリフ・マルティネス
出演 :エル・ファニング、キアヌ・リーブス、カール・グルスマン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン、アビー・リー、ベラ・ヒースコート

ストーリーは、
トップモデルを夢見て故郷の田舎町からロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシー。人を惹きつける天性の魅力を持つ彼女は、すぐに一流デザイナーや有名カメラマンの目に留まり、順調なキャリアを歩みはじめる。ライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそうとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた異常なまでの野心に目覚めていく・・・


アートな作品(なのかな

音楽と映像が独特な雰囲気を醸し出してます

ストーリー云々ではなく、雰囲気を楽しむ映画かなぁ〜

『美を追い求め、取り憑かれた女たちの顛末を、極限まで過剰に描いた物語』

めっちゃ怖かったよ


(ちょい役でキアヌ・リーブスが出てます




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/07/06(木) 06:05:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ