FC2ブログ

タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】さよなら、僕のマンハッタン

「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督が、サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、ニューヨークで暮らす青年の恋愛や成長を描いたヒューマンドラマ。

さよなら僕のマンハッタン

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :88分
監督 :マーク・ウェブ
製作総指揮:ジェフ・ブリッジス、マリ・ジョー・ウィンクラー=イオフレダ、ジョン・フォーゲル
原作 :ー
脚本 :アラン・ローブ
音楽 :ロブ・シモンセン
出演 :カラム・ターナー、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズ、テイト・ドノバン、ウォーレス・ショーン、ジョン・ボルジャー、ビル・キャンプ

ストーリーは、
大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルドと名乗る不思議な中年男性と親しくなり、人生のアドバイスを受けるようになる。そんなある日、父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまったトーマスは、W・Fの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナに近づく。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる・・・


いい意味で古さを感じる映画です

「ある愛の歌」のラストを観た時の感覚によく似た感じ・・・

あとから考えてみると、複雑な人間関係なのですが、

さらっと流れ、ラストを迎えるストーリーが絶妙です

こういう映画を観ると、忙(せわ)しい心を静謐にしてくれる感じがして大好きです

(慌ただしい日常を忘れさせてくれますね)


それにしても・・・

邦題は原題の「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」のままで良かったのでは

(変えた意図とセンスが全く理解が出来ませんね)




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/09/20(木) 06:42:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】パパはわるものチャンピオン | ホーム | 【映画】プーと大人になった僕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/4377-dfc3c57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ