タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】バリー・シール アメリカをはめた男

トム・クルーズがパイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シールを演じるクライムアクション。

バリー・シール

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :115分
監督 :ダグ・リーマン
製作総指揮:パリス・ラトシス、テリー・ダガス、ブラント・アンダーセン、エリック・グリーンフェルド、マイケル・フィンリー、マイケル・ベイシック、レイ・チェン
原作 :ー
脚本 :ゲイリー・スピネッリ
音楽 :クリストフ・ベック
出演 :トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライト、E・ロジャー・ミッチェル、ジェシー・プレモンス、ローラ・カーク、アレハンドロ・エッダ、ベニート・マルティネス、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズJB、ジェイマ・メイズ、マウリシオ・メヒア

ストーリーは、
民間航空会社のパイロットでトップクラスの操縦技術を持つバリー・シール(トム・クルーズ)は、CIAにスカウトされる。偵察機のパイロットとなった彼は極秘作戦の過程で麻薬組織と接触し、麻薬の運び屋としても才能を発揮する。政府の命令に従う一方で、違法な密輸ビジネスで荒稼ぎするバリーだったが・・・


トム・クルーズは、何をやってもトム・クルーズ

(良くも悪くもね

この映画、トム・クルーズは役に合ってなかったし、面白くもない・・・

エンターテイメント映画でも無ければ、シリアスでもない・・・

ラストの爽快感もない・・・

(切なさもない・・・)

この映画、誰が得する映画やったんやろ・・・


不快感だけが残る映画やったわ

(トムの役、イーサン・ホークが演じてたらもっと違った感じになった・・・と私は思う)

キャスティングにちょっと無理がある作品でした




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/03/14(水) 00:08:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】三度目の殺人 | ホーム | 【映画】ブラックパンサー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/4301-f261fb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ