タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】ブレードランナー 2049

リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF「ブレードランナー」から、35年の時を経て生み出された続編。前作から30年後の2049年の世界を舞台に、ブレードランナーの主人公“K”が、新たに起こった世界の危機を解決するため、30年前に行方不明となったブレードランナーのリック・デッカードを捜す物語が描かれる。

ブレードランナー 2049

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :163分
監督 :ドゥニ・ビルヌーブ
製作総指揮:リドリー・スコット、ビル・カラッロ、ティム・ギャンブル、フランク・ギストラ、イェール・バディック、バル・ヒル
原作 :フィリップ・K・ディック
脚本 :ハンプトン・ファンチャー、マイケル・グリーン
音楽 :ベンジャミン・ウォルフィッシュ、ハンス・ジマー
出演 :ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルビア・ホークス、ロビン・ライト、マッケンジー・デイビス、カーラ・ジュリ、レニー・ジェームズ、デイブ・バウティスタ、ジャレッド・レト、バーカッド・アブディ

ストーリーは、
2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電が起きたのをきっかけに世界は食物供給が混乱するなど危機的状況を迎える。2025年、科学者ウォレス(ジャレッド・レトー)が遺伝子組み換え食品を開発し、人類の危機を救う。そして、元捜査官デッカード(ハリソン・フォード)が突然行方をくらませて以来30年の月日が流れた2049年には、レプリカント(人造人間)の寿命に制限がなくなっていた・・・


163分があっという間

前作の世界観を踏襲しつつ、さらなる進化を遂げています

ずっと浸っていたくなるほどの映像美

そして、ストーリーが美しい

フィリップ・K・ディックのエッセンスもふんだんに散りばめられており、これぞSF映画って感じです

観る前に、予め前作やあらすじ、前日譚を観ておいたほうが良いですよ




ブレードランナー ブラックアウト 2022


2036:ネクサス・ドーン


2048:ノーウェア・トゥ・ラン


ブレードランナー ファイナル・カット


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/10/28(土) 23:55:53|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【小説】恩田陸『蜜蜂と遠雷』 | ホーム | 【映画】ナミヤ雑貨店の奇蹟>>

コメント

短編集の動画をありがとうございます

こんにちは。
今日観てきましたよこの作品。
けど前日譚の短編が3つもあったとは。
特に2048は私の好きなデイブ・バウチスタが主役なのが嬉しかったです。
  1. 2017/10/30(月) 22:00:50 |
  2. URL |
  3. ケフコタカハシ #oibKWSZc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/4232-ca6b97bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ