タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】 沈黙 -サイレンス-

遠藤周作の小説「沈黙」を巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出す。

沈黙

製作 :2016年 アメリカ
上映時間 :162分
監督 :マーティン・スコセッシ
製作総指揮:デイル・A・ブラウン、マシュー・J・マレク、マニュ・ガルギ、ダン・カオ、ニールス・ジュール、チャド・A・ベルディ、ジャンニ・ヌナリ、レン・ブラバトニック、アビブ・ギラディ、ローレンス・ベンダー、スチュアート・フォード
原作 :遠藤周作
脚本 :ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
音楽 :キム・アレン・クルーゲ、キャスリン・クルーゲ
出演 :アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ、遠藤かおる、井川哲也、PANTA、松永拓野、播田美保、片桐はいり、山田将之、美知枝、伊佐山ひろ子、三島ゆたか、竹嶋康成、石坂友里、佐藤玲、累央、洞口依子、藤原季節、江藤漢斉、菅田俊、寺井文孝、大島葉子、西岡秀記、青木崇高、SABU、渡辺哲、EXILE AKIRA、田島俊弥、北岡龍貴、中村嘉葎雄、高山善廣、斎藤歩、黒沢あすか

ストーリーは、
キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出した。17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていく・・・


久しぶりに観応えのある作品に出会えました

それに、これほど違和感なく日本が描かれている洋画は初めて

(農民の英語がめっちゃ上手かったけど・・・

3時間弱の上映時間も全然長く感じません

最初の拷問のシーンだけはキツかったけど・・・

(グロいのがめっちゃ苦手な私でもギリ大丈夫でした

とても重くて、深い内容なのに、観ててしんどくならなかった・・・

なんとも言えない余韻が残る作品でしたよ




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/01/30(月) 21:58:33|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【小説】乃南アサ『しゃぼん玉』 | ホーム | まった〜りヽ(=´▽`=)ノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/4118-d7c3242b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ