タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【小説】又吉直樹『火花』

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

火花

著者/訳者名 又吉 直樹/著
出版社名 文藝春秋 (ISBN:978-4-16-390230-2)
発行年月 2015年3月
サイズ 148P 20cm
価格 1,296円(税込)


根がミーハーなもんで、ついつい買ってしまいました

純文学が何かも分からぬ私なもんですから、
この作品が純文学か否かを問われても困りのたうち回ってしまうがオチですが・・・

面白いかと問われたら、「まぁまぁなんじゃない」ってかる~く答えとくかな

(実際のところ、抱腹絶倒するほど面白いわけではないが、つまらんと思うほどでもなかったりする)


最初は小難しい文字が並び、読みにくいなぁって思いましたが・・・

(純文学に対する先入観 もしくは偏見

それも気になったのは最初だけ

慣れてしまえば、さらさらりんと読めてしまいましたよ

(森見登美彦先生の作品の方が、へんてこりんな文章がもりもりあるのである意味読みにくいかも

又吉の芥川賞受賞で話題になってるし、読んでみてもいいんじゃないって感じかな

(全然関係ないけど、一部、森見先生っぽく書いてしまった・・・)

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

  1. 2015/07/29(水) 00:13:33|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】プリデスティネーション | ホーム | 【映画】イントゥ・ザ・ウッズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3908-969082c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ