タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】ベイブルース ~25歳と364日~

1994年に25歳の若さでこの世を去った、漫才コンビ「ベイブルース」の河本栄得を描いたドラマ。相方だった高山トモヒロが、河本の死去から15年を経て、ともに過ごした日々などをつづった同名小説を自らのメガホンで映画化した。

ベイブルース25

製作 :2014年 日本
上映時間 :120分
監督 :高山トモヒロ
製作総指揮:-
原作 :高山トモヒロ
脚本 :金田敬
音楽 :安田尊行
出演 :波岡一喜、趙民和、小川菜摘、石田えり、安田美沙子、柳憂怜、申相祐、山口馬木也、仁科貴、iLHWA、かつみ、梶原雄太、遠藤章造、宮迫博之、オール巨人

ストーリーは、
高校同級生の河本と高山は、ともにNSC(吉本総合芸術学院)の門を叩き、漫才コンビを結成。卒業後にコンビ名を「ベイブルース」とし、上方お笑い大賞やABCお笑い新人グランプリなどで新人賞を次々と受賞。将来有望な若手として注目される。漫才に対する姿勢は誰よりも厳しく、時に高山を怒鳴りつけることもあった河本だが、94年秋、テレビのロケ中に体調不良を訴えて入院。それからわずか2週間で帰らぬ人となってしまう。「ベイブルース」とはNSCで同期だった「雨上がり決死隊」から宮迫博之も友情出演。


ベイブルース(特に河本)が大好きで、ほんま天才やと思ってたので・・・

面白い面白くない関係なく、めっちゃ楽しめたよ

(なので、もうちょっと河本のエピソードが見たかったけど・・・)

久しぶりにベイブルースの漫才がめっちゃ見たくなります



(この漫才でもベイブルースの漫才の中ではボチボチな方やもんね・・・)


ベイブルースが好きだった人もそうでない人も、そこそこは楽しめるんじゃないかな


当時、この映画がミナミでしかやってなかった事がガッカリでした

(梅田でやってたら絶対に観に行ってたのに・・・)





私と同世代で、関西人で、当時のお笑いが好きだった人には絶対に観て欲しい作品です

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2015/07/15(水) 01:22:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2015〜FUN! FUN! FANFARE!〜@7/18 大阪城ホール | ホーム | 【映画】あと1センチの恋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3896-0c138c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ