タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】それでも夜は明ける

奴隷制度がはびこっていたアメリカを舞台に、自由の身でありながら拉致され、南部の綿花農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ。

それでも夜は明ける

製作 :2013年 アメリカ・イギリス合作
上映時間 :134分
監督 :スティーブ・マックイーン
製作総指揮:テッサ・ロス、ジョン・リドリー
原作 :-
脚本 :ジョン・リドリー
音楽 :ハンス・ジマー
出演 :キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ギャレット・ディラハント、ポール・ジアマッティ、スクート・マクネイリー、ルピタ・ニョンゴパッツィーアデペロ・オデュイエ、サラ・ポールソン、ブラッド・ピット、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、アルフレ・ウッダード、クリス・チョーク、タラン・キラム、ビル・キャンプ、クワベンジャネ・ウォレス

ストーリーは、
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い・・・


ちょっと後味が悪い・・・

(まだ、能天気にアメリカ万歳的な映画の方がマシやわ


話は重たいし、テンポも悪いし・・・

(でも、ラストは急展開にxxxxx)

やっぱり今年のアカデミー賞は「ゼロ・グラビティ」が獲るべきやったんちゃうかな〜


なんとなく観るのを躊躇ってたけど・・・

(悪い意味で)私のカンが当たったよ・・・


救いがあるのか、それとも無いのか・・・

重いテーマですし、深い話ではありますが・・・

少なくとも日本人の私にはあまり伝わってこなかった


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/12/06(土) 06:23:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LUNCH BOX 冬のライブ 5th | ホーム | 【映画】女子ーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3785-d38c5138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ