タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】ダラス・バイヤーズクラブ

マシュー・マコノヒーが実在した不屈のエイズ患者を体当たりで熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ。エイズに対する偏見が強かった80年代のアメリカを舞台に、エイズ治療に無策な政府や製薬会社に公然と反旗を翻し、国内未承認でも有効な治療薬の販売ルート確立に尽力したカウボーイ、ロン・ウッドルーフの戦いの軌跡を描く。

ダラスバイヤーズクラブ

製作 :2013年 アメリカ
上映時間 :117分
監督 :ジャン=マルク・バレ
製作総指揮:ロビー・ブレナー 、レイチェル・ウィンター
原作 :-
脚本 :クレイグ・ボーテン 、メリッサ・ウォーラック
音楽 :-
出演 :マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、ダラス・ロバーツ、グリフィン・ダン

ストーリーは、
1985年、電気工でロデオカウボーイのロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)は、HIV陽性と診断され余命が30日だと言い渡される。アメリカには認可治療薬が少ないことを知った彼は代替薬を探すためメキシコへ向かい、本国への密輸を試みる。偶然出会った性同一性障害でエイズを患うレイヨン(ジャレッド・レトー)と一緒に、国内未承認の薬を販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立するが・・・


こういう地味な映画を(自分が)欲してたのか、面白かった

(決して、人にはオススメしないけどね・・・)

マシュー・マコノヒーのワイルドで、繊細で、男臭い演技がいい

マシュー・マコノヒーの演技だけでも観る価値アリです

久々に「いい映画を観たなぁ〜」と思える映画でしたよ

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2014/09/17(水) 07:32:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー | ホーム | ヨーロッパ企画第33回公演『ビルのゲーツ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3729-b8113f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ