タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】エンダーのゲーム

1985年に出版された、オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を実写化。昆虫型生命体と人類の戦争を終息させる能力と宿命を背負った少年の成長と苦悩が描かれる。

エンダーのゲーム

製作 :2013年 アメリカ
上映時間 :114分
監督 :ギャヴィン・フッド
製作総指揮:ビル・リシャック 、デヴィッド・コートスワース 、アイヴィ・チョン 、ヴェンカテッシュ・ロッダム 、テッド・ラヴィネット 、デボラ・デル・プレト 、マンディ・サファヴィ
原作 :オースン・スコット・カード
脚本 :ギャヴィン・フッド
音楽 :スティーヴ・ジャブロンスキー
出演 :エイサ・バターフィールド、ハリソン・フォード、ベン・キングズレー、ヴィオラ・デイヴィス、ヘイリー・スタインフェルド、アビゲイル・ブレスリン、アラミス・ナイト、スラージ・パーサ

ストーリーは、
強大な軍事力を持つ昆虫型生命体、フォーミックとの宇宙戦争を続けている人類。その第2次侵攻に備えるべく、世界中から優れた少年兵士たちが防衛軍ベースキャンプのバトルスクールへと集められ、宇宙で戦う技術と知識をたたき込まれていた。そんな中、戦いを終わらせる特殊な能力を秘めているとして少年エンダー(エイサ・バターフィールド)もベースキャンプに送られる。生命を持つ者同士が戦争で殺し合うことに強い疑問を抱きながらも戦士の才覚を発揮し、少年戦士の指揮官となるエンダーだった・・・


原作が日本SFアニメの根源的な作品なので、
どこかで見たようなストーリーなのは否めません・・・

でも、なんか違和感があったなぁ〜

(ロボットが出ぇへんから

期待してたよりは楽しめなかったかな

なんか、もうちょっと話の盛り上げ方に工夫が出来なかったかな〜


スポンサーサイト
  1. 2014/05/29(木) 03:59:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】ウォーム・ボディーズ | ホーム | ひさしぶりのBlu-ray購入♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3675-d3fd6861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ