タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【小説】中山七里『さよならドビュッシー』

ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。第8回『このミス』大賞受賞作品。

さよならドビュッシー

著者/訳者名 中山七里/著
出版社名 宝島社 (ISBN:978-4-7966-7992-3)
発行年月 2012年11月
サイズ 415P 16cm
価格 590円(税込)


クラッシック音楽と逆境から立ち上がる少女のストーリー

それにミステリーが加わって、異色のミステリー小説でした

ピアニスト岬さんのキャラクターがとても良かったので、
シリーズ化されないかなぁー

王道的なストーリーとラストの衝撃的な展開は読む価値アリです

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/11/20(水) 23:38:56|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いきものがかり | ホーム | 【映画】アフター・アース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3466-c42e9372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ