タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】フッテージ

落ち目の作家が引っ越してきたとある殺人事件の現場となった一軒家を舞台に、のろいにまつわる恐怖体験を描いたホラー。イーサン・ホーク演じる作家が、8ミリフィルムに殺人現場と共に記録されていた仮面の男と血の記号の謎にとらわれていくさまを映し出す。

フッテージ

製作 :2012年 アメリカ
上映時間 :110分
監督 :スコット・デリクソン
製作総指揮:スコット・デリクソン 、チャールズ・レイトン
原作 :−
脚本 :スコット・デリクソン 、C・ロバート・カーギル
音楽 :クリストファー・ヤング
出演 :イーサン・ホーク、ジュリエット・ライランス、フレッド・ダルトン・トンプソン、ジェームズ・ランソン、クレア・フォーリー、マイケル・ホール・ダダリオ、ヴィンセント・ドノフリオ

ストーリーは、
作家のエリソン(イーサン・ホーク)は、妻と子どもの一家4人で郊外の家に転居してくる。そこは一家が首をつるという残酷な事件の現場となった家で、エリソンは事件に関する新作を書くために越してきたのだった。その夜、エリソンは屋根裏部屋で映写機と8ミリフィルムを見つける。フィルムには楽しそうな家族が、一転して首をつられていく様子が記録されていた・・・


サスペンスかと思ってたら、、、ホラーやったのねん

始めの一家が首を吊るシーンはインパクト大で怖かったけど・・・

579846e38844e7f01e38d586800d4012.jpeg


それ以外はちょっと退屈

子どもの魂を食らう邪神ブグールとかが出てから冷めてしまったよ・・・

(なんか、「リング」の失敗作を観てる感じ


(悪い意味で)ホラーが苦手な私でも大丈夫でした

(でも、オカルト好きな人にはいいかもね

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2013/10/20(日) 08:32:55|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<訃報 | ホーム | 【小説】池井戸潤『ロスジェネの逆襲』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3433-26f2dab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ