タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】ウィンターズ・ボーン

残された家族を守るため、失踪した父親捜しの旅に出た少女の姿を描く人間ドラマ。薬物中毒や貧困といった社会問題を盛り込み、過酷な境遇を力強く生きる少女の成長物語を紡ぎ、サンダンス映画祭グランプリなど世界各地の映画祭で絶賛された。

ウィンターズボーン

製作 :2010年 アメリカ
上映時間 :100分
監督 :デブラ・グラニック
製作総指揮:ジョナサン・ショイヤー 、ショーン・サイモンズ
原作 :ダニエル・ウッドレル
脚本 :デブラ・グラニック 、アン・ロッセリーニ
音楽 :ディコン・ハインクリフェ
出演 :ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、シェリル・リー、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント、ローレン・スウィーツァー、アイザイア・ストーン、アシュリー・トンプソン、ケヴィン・ブレズナハン、テイト・テイラー、シェリー・ワグナー

ストーリーは、
ミズーリ州に住む17歳のリー(ジェニファー・ローレンス)は、心を病んだ母に代わって幼い弟と妹の世話に励み、その日暮らしの生活を切り盛りしていた。そんなある日、ドラッグの売人をしていた父親が逮捕され、自宅と土地を保釈金の担保にしたまま失踪してしまう。家を立ち退くまで残された期間は1週間、リーは家族を守るべく父親捜しの旅に出るが・・・


殺伐とした人間関係の中、逞しく生きる少女の姿が痛々しく切ない・・・

(こういう役って、ジェニファー・ローレンスはハマるよね〜

殺伐とした雰囲気が全編に漂っていて、観るのが辛いシーンも・・・

ラストも救いがあるような、無いようなって感じですし・・・

こういう映画は精神状態が良い時じゃないとかなりブルーになるかもです

スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 06:29:55|
  2. 30代おやじの遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【書籍】99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ | ホーム | 【映画】リンカーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3391-7fd6160e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ