タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【小説】森見登美彦『四畳半王国見聞録』

「ついに証明した! 俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして運命の女性の実在を数式で導き出せるのか(「大日本凡人會」)。水玉ブリーフ、モザイク先輩、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる――。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。

四畳半王国見聞_

著者/訳者名 森見登美彦/著
出版社名 新潮社 (ISBN:978-4-10-129053-9)
発行年月 2013年7月
サイズ 275P 16cm
価格 515円(税込)


森見登美彦ワールド炸裂 っていうか、炸裂し過ぎです

度が過ぎてワケが分かりませーん

森見作品を初めて読む人にはオススメ出来ない作品かも

(ちょっと、ハードルが高いぞ


妄想が妄想を生んで何がなんだか分からなくなる阿呆ワールド

まぁ、阿呆を極めたかったら一読すべし

(でも、初心者は『四畳半神話大系』や『夜は短し歩けよ乙女』などがオススメです

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/08/08(木) 05:45:17|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】ブルーバレンタイン | ホーム | 【映画】ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3357-2c4e128c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ