タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

東野圭吾『禁断の魔術 ガリレオ 8』

姉を見殺しにされ、天涯孤独となった青年が企てた計画。愛弟子に対し、湯川が取った驚愕の行動とは──。ガリレオ短篇の最高傑作。

32825789.jpg

著者/訳者名 東野圭吾/著
出版社名 文藝春秋(ISBN:978-4-16-381690-6)
発行年月 2012年10月
サイズ 327P 19cm
価格 1,470円(税込)


ガリレオの短編集の中では一番良かったかも・・・

特に『第四章 猛射つ(うつ)』は愛弟子と対する湯川の複雑な心境が描かれていて、
映画化されてもおかしくないと思うくらい、感動しました

そして、他の3作もまぁまぁ楽しめたし・・・

(野球好きの私としては、野球を題材とした『曲球る(まがる)』が良かったな

そろそろ『容疑者Xの献身』のような長編が読みたいですね

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/01/15(火) 21:42:46|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪見だいふくスペシャリテベリーレアチーズケーキ | ホーム | 東野圭吾『虚像の道化師 ガリレオ 7』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/3123-54b6645e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ