タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

きみがぼくを見つけた日

異なる次元に引き裂かれる恋人たちの切ない運命を描き、アメリカで大ベストセラーとなった純愛小説を映画化。

きみがぼくを見つけた日

製作 :2009年 アメリカ
上映時間 :110分
監督 :ロベルト・シュヴェンケ
製作総指揮:ブラッド・ピット 、リチャード・ブレナー 、ミシェル・ワイス 、ジャスティス・グリーン
原作 :オードリー・ニッフェネガー
脚本 :ブルース・ジョエル・ルービン
音楽 :マイケル・ダナ
出演 : エリック・バナ 、レイチェル・マクアダムス 、アーリス・ハワード 、ロン・リヴィングストン 、スティーヴン・トボロウスキー 、ジェーン・マクリーン 、ブルックリン・プルー 、ミシェル・ノルデン 、マギー・キャッスル 、フィオナ・リード 、フィリップ・クレイグ 、ヘイリー・マッキャン 、テイタム・マッキャン

ストーリーは、
時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレア(レイチェル・マクアダムス)といつしか愛し合うようになるが・・・


序盤は同じ展開の繰り返しでちょっと退屈でした・・・

(でも、自分の運命の人の過去や未来が見れるのはちょっと羨ましかったかも

後半も容易に想像出来る展開でしたし、ちょっとベタ過ぎる気もするのですが・・・

(子供を出したら反則やよ

切なくて、でも温かな気持ちにさせてくれる作品でしたよ

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2012/09/11(火) 23:52:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金本引退! | ホーム | 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2982-04a8257b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ