タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

英国王のスピーチ

吃音に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。

英国王のスピーチ

製作 :2010年 イギリス/オーストラリア
上映時間 :118分
監督 :トム・フーパー
製作総指揮: ジェフリー・ラッシュ 、ティム・スミス 、ポール・ブレット 、マーク・フォリーニョ 、ハーヴェイ・ワインスタイン 、ボブ・ワインスタイン
原作 :-
脚本 :デヴィッド・サイドラー
音楽 :アレクサンドル・デスプラ
出演 :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン、ロバート・ポータル、エイドリアン・スカーボロー、アンドリュー・ヘイヴィル、ロジャー・ハモンド、パトリック・ライカート、クレア・ブルーム、イヴ・ベスト

ストーリーは、
幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが・・・


評判どおりの面白さ

CMや予告では、この映画がどのような映画か分かりにくいと思いますが・・・

私が思うに、テーマは『友情』だと思います

身分が違うジョージ6世とスピーチ矯正の専門家ライオネルの友情に感動です

そして、
英国王ジョージ6世のラストの『どや顔』がいい感じです

観て損は無い作品だと思いますよ

スポンサーサイト

テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/12(火) 22:08:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゲキ×シネ 薔薇とサムライ | ホーム | 森見登美彦 『恋文の技術』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2526-05dc8405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ