タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

森見登美彦 『恋文の技術』

京都の大学から、遠く離れた実験所に飛ばされた男子大学院生が一人。無聊を慰めるべく、文通武者修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。手紙のうえで、友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れ―。ヘタレでキュートな恋の書簡体小説。

恋文の技術

著者/訳者名 森見登美彦/著
出版社名 ポプラ社(ISBN:978-4-591-12421-5)
発行年月 2011年4月
サイズ 343P 16cm
価格 651円(税込)


森見節炸裂 めちゃめちゃ面白かった~

思わず吹き出して笑ってしまうことも多々あり、
通勤電車の中など人が多いところでで読むときは注意が必要なくらい笑えます

「美女と竹林」が消化不良だっただけに、とにかく笑えました

ほんと、笑えて、笑えて、笑えて、笑える書簡体小説でしたよ

スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/07/11(月) 23:47:56|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<英国王のスピーチ | ホーム | 今日のソフトボール♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2524-2fffccce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ