タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

東野圭吾『麒麟の翼』

寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む。

麒麟の翼

著者/訳者名 東野圭吾/著
出版社名 講談社 (ISBN:978-4-06-216806-9)
発行年月 2011年3月
サイズ 325P 20cm
価格 1,680円(税込)


加賀シリーズ最新作

(って言っても、すでに3ヶ月ほど経ってしまってますが・・・

帯には、「加賀シリーズ最高傑作」と謳っておりましたが・・・

正直、それほどでは無かったと思います・・・

内容は、『新参者』と『赤い指』を足して2で割った感じかな

決して面白くない訳ではありませんが、
東野圭吾さんの作品と思うと、自然とハードルが上がってしまいますね

(それに、文庫本でなくハードカバーで買ったしね・・・)


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/30(木) 00:03:17|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<死刑台のエレベーター | ホーム | デイブレイカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2507-09c6b416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ