タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

真夏の方程式

ガリレオシリーズ最新長篇。小学生の恭平は、海辺の町で旅館を経営する伯母一家のもとで夏休みを過ごすことになった。一方湯川も、ある仕事でその旅館に滞在する。翌朝、もう1人の宿泊客が死体で見つかった。その男は元刑事で、死因は一酸化炭素中毒。これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは――。子供嫌いだったはずの湯川と少年の交流、そして感動のラストは必読です。

真夏の方程式

著者/訳者名 東野圭吾/著
出版社名 文藝春秋 (ISBN:978-4-16-380580-1)
発行年月 2011年6月
サイズ 413P 20cm
価格 1,700円(税込)


最近のガリレオは暗い話が多かったのに比べ、

序盤の明るい展開にびっくり

子供が苦手な湯川と小学生との交流がほほえましくて、
これは映像にしても面白いんじゃないかな

草薙や内海との絡みも少なかったし、
今までとはちょっと違った感じ

今後の新しい展開にも期待出来そうです

(いつのまにか、旅情シリーズになってたりして

でも、そこはガリレオシリーズ

後半は、切なくて、少し苦い気持ちになりました・・・

(でも、ラストはいい感じでしたよ

スポンサーサイト

テーマ:東野圭吾作品 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/06/22(水) 07:09:53|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<処刑教室 | ホーム | B!ヌードル 阿波座店>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2497-a15419dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ