タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

ブランケット・キャッツ

馴染んだ毛布とともに、2泊3日でレンタルされる「ブランケット・キャット」。父親がリストラされた家族、子どものできない夫婦、いじめに直面した息子と両親、25歳のフリーターと派遣社員の彼女―。「明日」が揺らいだ人たちに、猫が贈った温もりと小さな7つの光。

ブランケットキャッツ

著者/訳者名 重松清/著
出版社名 朝日新聞出版 (ISBN:978-4-02-264595-1)
発行年月 2011年2月
サイズ 381P 15cm
価格 609円(税込)


猫の話というよりか、猫をレンタルした人たちのお話です・・・

猫を飼うのではなく、レンタルするくらいなので、
それぞれ複雑な事情を持った人たち・・・

それを「青い鳥」の村内先生みたくブランケット・キャットが
悩んでる人たちを救っていく・・・みたいな話なのですが、

オカルトチックな話もあったりして・・・
重松清さんの作品にしては、ちょっと嘘くさかった・・・

でも、まったくダメな訳ではなく、
重松清さんらしい「泣かせ」な話で、

私は「嫌われ者のブランケット・キャット」が一番好きかな



スポンサーサイト

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/03/01(火) 00:10:41|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エクスペンダブルズ | ホーム | 予約完了!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ken1japan.blog23.fc2.com/tb.php/2335-d70f2902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ