タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【観戦日記】観戦2試合目!タイガース自滅・・・

(セ・リーグ、阪神3-6中日、5回戦、中日3勝2敗、29日、甲子園)

前回の観戦は雨天中止だったので仕切り直し

IMG_3198a.jpg

IMG_3183a.jpg


でも、試合は残念な展開・・・


なので()、甲子園グルメを満喫しちゃいましたよん


まずは定番の「能見セレクトフルーツクレープ」です

IMG_3190a.jpg

これは絶対に外せません


甲子園黒カレー

IMG_3210a.jpg

味オンチなので普通のんとの違いが分からんかったりする(笑)

でも、美味しかったよ


十和田バラ焼き

IMG_3186a.jpg

これがビールにめちゃくちゃ合って美味しいんよ


最上段だったので自前のビールフォルダーで快適です

IMG_3191a.jpg


試合は負けちゃいましたが、楽しかったよ

スポンサーサイト

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/29(土) 23:28:23|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タクフェス第5弾公演『わらいのまち』大千秋楽

タクフェス春のコメディ祭!「わらいのまち」大阪千秋楽であり大千秋楽を観に行ってきましたー

タクフェス 春のコメディ祭わらいのまち


東京セレソンデラックスの時の「わらいのまち」も観ましたが・・・

演出がかなり変わっていて、全てが「笑い」の伏線になってて、めっちゃ笑えたー

(前は泣けたシーンも笑いに変わってたのがびっくりでした


今回、初めて娘と一緒にタクフェスを観たんですが・・・

あまり自分の気持ちを積極的に表現しない娘が「また観に行きたい❗️」と言わしめるほど面白かったー

(ただ、全編笑いっぱなしで疲れたよ


タクフェス得意の「泣き」の話もそうなんですが・・・

「笑い」の方がよりライブ的で、アクシデントやアドリブが楽しめて、より「舞台」を楽しめた気がしましたよ

(そういうのも演出(計算)なのでしょうけど・・・)


もう、何も考えずにただひたすら楽しめた1日でしたよー


次回の秋公演は新作「ひみつ」、来春は「笑う巨塔」


これからも(タクフェスにハマってしまった)娘と一緒に楽しみたいと思います




  1. 2017/04/23(日) 22:10:53|
  2. 舞台
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】素敵なウソの恋まじない

ロアルド・ダールの児童向け小説「ことっとスタート」を、ダスティン・ホフマン&ジュディ・デンチ共演でテレビ映画として実写化したハートウォーミングなラブストーリー。

素敵なウソの恋まじない

製作 :2015年 イギリス
上映時間 :88分
監督 :ダーブラ・ウォルシュ
製作総指揮:マシュー・リード、ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、リチャード・カーティス
原作 :ロアルド・ダール
脚本 :リチャード・カーティス、ポール・メイヒュー=アーチャー
音楽 :ティム・フィリップス
出演 :ジュディ・デンチ、ダスティン・ホフマン、ジェームズ・コーデン、リチャード・コーデリー、ピクシー・デイビス、サロ・ガードナー、ジョセフ・ウェスト

ストーリーは、
内気で心優しい老人ホッピーさんは、アパートの下の階に住む女性シルバーさんに恋をするが、思いを打ち明ける勇気が持てずにいた。そんなある日、シルバーさんがペットのカメの成長が遅いことを心配していると知ったホッピーさんは、彼女を喜ばせるために100匹ものカメを買い集め、彼女のカメを少しずつ大きなものに取り替えていくが・・・


ダスティン・ホフマンの魅力満載な映画です

厳しい評価をすれば、ジュディ・デンチがミスキャストな気もしましたが・・・

(偏見かもしれませんが、この役には合ってない気がしたな・・・)

でも、とてもハートフルな映画で、観てて優しい気持ちになれます

上映時間が短い割には、男心がふんだんに盛り込まれた、

男性なら「分かるわー」って感じの映画


ラストも私好みでしたよ


全然話は変わりますが、今の歳の「レインマン」も面白いかな〜って思うんやけど・・・

(作って欲しいな




  1. 2017/04/22(土) 08:59:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PERSONZ「SOLD OUT! TOUR 2017 PERSONZ@PREMIUM SEATED SHOW」@Kobe SLOPE : 2017-04-16

『 SOLD OUT! TOUR 2017 PERSONZ@PREMIUM SEATED SHOW』に行ってきましたー

IMG_3024a.jpg


今回のライブは、ほとんど着席して観る「大人PERSONZ」なライブ

午前中にソフトボールで走りまくったんで、ちょうど良かったよん


じっくり聴くライブもいい感じ

それも席が最前列だったので、めっちゃ近くで観れました

IMG_3026a.jpg

IMG_3027a.jpg


PERSONZマネーもゲットできましたー

IMG_3060b.jpg



次は5月の大阪に行く予定

楽しみでーす



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2017/04/16(日) 23:30:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ある天文学者の恋文

「ニュー・シネマ・パラダイス」「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレが、名優ジェレミー・アイアンズとオルガ・キュリレンコを主演に迎えて描くヒューマンミステリー。死んだはずの恋人から手紙やプレゼントが届き続ける女性が、その謎を解く姿を彼女の秘めた過去を絡めながら追う。

ある天文学者の恋文

製作 :2016年 イタリア
上映時間 :122分
監督 :ジュゼッペ・トルナトーレ
製作総指揮:ー
原作 :ー
脚本 :ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽 :エンニオ・モリコーネ
出演 :ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ、シャウナ・マクドナルド、パオロ・カラブレージ、アンナ・サバ、イリーナ・カラ

ストーリーは、
天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)と、教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)は、愛し合っていた。だが、エイミーのもとにエドが亡くなったという知らせが飛び込む。悲しみと混乱の中、死んだはずのエドからのメール、手紙、プレゼントが次々と届く。不思議に思ったエイミーは、その謎を解くためにエドの暮らしていたエディンバラや、二人の思い出の地サン・ジュリオ島などを訪れる。やがて、エドが彼女の秘めた過去を秘密裏に調べていたことがわかり・・・


ジェレミー・アイアンズ演じる天文学者エドがめっちゃオシャンティー

魔法使いのおじさんを装い、素敵な言葉やプレゼントを教え子であり恋人のエイミーに送ります

でも、それには秘密があり・・・

(ネタバレになるから書けない・・・でも書きたい


思ってた感じの映画ではなかったけど・・・

(ガチガチのミステリーと思ってたわ

恋愛映画でもない、とても素敵なヒューマンドラマでしたよ


女性向きの映画かな




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/15(土) 10:11:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【書籍】いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 1

統計が嫌い!と思っているアナタに読んでもらいたい一冊。この本は決して格式高い統計の本ではありません。タイトル通り,いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソを,こっそりマスターしてしまおう,というものです。数式はほとんど登場せず,章ごとに「まとめ」と「練習問題」を収載し,読み手を置いてきぼりにしません。読み終えると研究論文がもっとわかるようになっています。

いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ1

著者/訳者名 浅井隆/著
出版社名 アトムス (ISBN:978-4-904307-24-3)
発行年月 2010年5月
サイズ 164P 21cm
価格 3,024円(税込)


まずは統計アレルギーを克服しよう!Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ

ちょっと価格が高めでしたが・・・

統計解析の基礎のキソ

P値、95%信頼区間、平均値、標準偏差、中央値、有意差と差、多グループ間比較など・・・

超簡単に説明してくれてます

(これ以上簡単に説明してくれてる本は無いのじゃないかな


人工知能(AI)の勉強をしていると統計解析の知識も必要になってくるので、

学ぶ取っ掛かりにちょうど良い本でしたよ

もちろん、2巻も買いました

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2017/04/15(土) 00:07:01|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

リー・チャイルドの小説を実写化したアクション『アウトロー』の続編。かつてアメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったが、今は放浪生活を送る男ジャック・リーチャーが、巨大な陰謀に挑む。

ジャックリーチャーNEVERGOBACK

製作 :2016年 アメリカ
上映時間 :118分
監督 :エドワード・ズウィック
製作総指揮:ポーラ・ワグナー、ハーブ・ゲインズ、デビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ
原作 :リー・チャイルド
脚本 :エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ
音楽 :ヘンリー・ジャックマン
出演 :トム・クルーズ、コビー・スマルダース、ダニカ・ヤロシュ、オルディス・ホッジ、ロバート・ネッパー、パトリック・ヒューシンガー、ホルト・マッキャラニー、マダリン・ホーチャー、ロバート・カトリーニ、ジェシカ・ストループ、ジェイソン・ダグラス、サブリナ・ジェンナリーノ

ストーリーは、
元アメリカ軍のエリート秘密捜査官ジャック・リーチャーは、現在はたったひとりで街から街へと放浪の旅を続けている。ある日、ケンカ騒ぎの末に保安官に連行されそうになったリーチャーは、この騒動が何者かによって仕組まれたものだと気づく。元同僚のターナー少佐に会うため軍を訪れると、ターナーはスパイ容疑をかけられ逮捕されていた。ターナーを救い出したリーチャーは、軍内部に不審な動きがあることを知り、真相を探り出そうとするが・・・


前作もそうでしたが、トム・クルーズのための映画って感じ

そして、前作同様にちょっと地味です

ただ前作とは違い、
リーチャーの人間性が描かれていているところが本作の良いところ

トムの体を張ったアクションも健在で、地味に楽しめるアクション映画です

トムの映画は安定感ありますね〜





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/14(金) 07:28:43|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】T2 トレインスポッティング

1990年代ポップカルチャーを象徴する作品として知られる96年製作のイギリス映画「トレインスポッティング」の続編。前作から20年後を舞台に、それぞれワケありの主人公たちの再会から始まる物語を描く。

T2.jpeg

製作 :2017年 イギリス
上映時間 :117分
監督 :ダニー・ボイル
製作総指揮:アービン・ウェルシュ、アロン・ライヒ
原作 :アービン・ウェルシュ
脚本 :ジョン・ホッジ
音楽 :ー
出演 :ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、アンジェラ・ネディヤルコーバ、アービン・ウェルシュ

ストーリーは、
かつて仲間たちを裏切って大金を持ち逃げしたマーク・レントンが、20年ぶりにオランダからスコットランドに戻ってくる。そこでは、パブを経営しながら売春や恐喝で荒稼ぎするシック・ボーイや家族に愛想を尽かされたスパッド、刑務所に服役中のベグビーら、当時の仲間たちが未だに悲惨な人生を送り続けていた・・・


20年ぶりの続編ってめちゃくちゃ不安やったけど・・・

めっちゃ面白かったー

イギリス人のイジイジした感じが炸裂してて、これぞイギリス映画って感じです

それぞれのキャラは20年経っても、あの頃のまま

1作目を観てハマった人は満足出来る世界観に仕上がってますよ

プロットなんて関係なく、ノリで楽しんじゃいましょう

音楽もイケてますよん





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/12(水) 23:50:13|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】インフェルノ

人気作家ダン・ブラウンのベストセラー小説を映画化した『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。主演のトム・ハンクス、監督のロン・ハワードが続投し、これまで数々の歴史や名画の謎を解明してきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授が、詩人ダンテの「神曲」の「地獄篇」に絡んだ世界を揺るがす陰謀に挑む。

インフェルノ

製作 :2016年 アメリカ
上映時間 :121分
監督 :ロン・ハワード
製作総指揮:デビッド・ハウスホルター、ダン・ブラウン、ウィリアム・M・コナー、ベン・ワイスブレン
原作 :ダン・ブラウン
脚本 :デビッド・コープ
音楽 :ハンス・ジマー
出演 :トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン

ストーリーは、
ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、阻止するべく奔走するが・・・


ハラハラドキドキの連続で面白かった

前作ダヴィンチ・コードらしさが薄くなってましたが・・・

(謎解き感が浅かったかな〜)

適度のどんでん返しと安定のオチで、安心して楽しめますね

テンポも良く、質の良いエンターテイメント映画でしたよ




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/06(木) 06:46:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】キングコング 髑髏島の巨神

1933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」を筆頭に、これまでにも数々の映画で描かれてきたモンスターの王者キングコングの起源を、コングの故郷である髑髏(どくろ)島を舞台に描いたアドベンチャーアクション大作。

キングコング髑髏島の巨神

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :118分
監督 :ジョーダン・ボート=ロバーツ
製作総指揮:エリック・マクレオド、エドワード・チェン
原作 :ー
脚本 :ダン・ギルロイ、マックス・ボレンスタイン、デレク・コノリー
音楽 :ヘンリー・ジャックマン
出演 :トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジン・ティエン、ジョン・C・ライリー、トビー・ケベル、ジョン・オーティス、コーリー・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、シェー・ウィガム、トーマス・マン、ユージン・コルデロ、テリー・ノタリー、MIYAVI

ストーリーは、
神話の中だけの存在とされてきた髑髏島が実在することが判明し、未知の生物の探索を目的とする調査遠征隊が派遣される。島内に足を踏み入れた隊員たちは、あちこちに散らばる骸骨や、岩壁に残された巨大な手跡を発見する。やがて彼らの前に、神なる存在である巨大なコングが出現。隊員たちは為す術もなく、凶暴な巨大生物から逃げ惑うが・・・


キングコング今更って言うなかれ

ハリウッド版ゴジラのスタッフが作ったキングコングはまさしく「シン・キングコング」です

今回のコングは、めっちゃ硬派な男前

そこらにいる怪獣を投げ倒す投げ倒す

これぞ怪獣映画の醍醐味って感じです

エンドロール後、怪獣映画好きにはたまらないオマケが付いているのでお楽しみに

めっちゃ面白かったー




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/03(月) 22:39:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】イーグル・ジャンプ

イギリスで初めてスキージャンプのオリンピック代表選手となった実在の人物マイケル・エドワーズの半生を、「キングスマン」のタロン・エガートン主演で映画化。

イーグルジャンプ

製作 :2016年 イギリス・アメリカ・ドイツ合作
上映時間 :106分
監督 :デクスター・フレッチャー
製作総指揮:スティーブン・マークス、クラウディア・ボーン、ピエール・ラグランジェ、ピーター・モートン、ジギー・カマサ
原作 :エディ・エドワーズ
脚本 :ショーン・マコーレイ、サイモン・ケルトン
音楽 :マシュー・マージソン
出演 :タロン・エガートン、ヒュー・ジャックマン、クリストファー・ウォーケン

ストーリーは、
マイケル・エディ・エドワーズは幼い頃からオリンピックに出場することを夢見てきたが、運動音痴な上に極度の近眼を抱えていた。ある日、偶然見たスキージャンプに興味を持った彼は、国の代表選手を目指すためドイツの雪山へ向かい、そこで知り合った元オリンピック代表選手ブロンソン・ピアリーにコーチを依頼する。才能のないエディを相手にしようとしないピアリーだったが、大怪我をしても挑戦し続けるエディの姿に心を動かされ、コーチを引き受けることを決意する・・・


チャレンジすることに遅すぎるっていうことは無く、もし諦めるのならそれはチャレンジしたあと

諦めて何もしなかった自分より、努力した自分はそれだけ強くなっている(はず・・・)

そう思って私は生きてきます


これは、それを地で行く映画

めっちゃ共感できたし、背中を押してくれるような映画でしたよ

(観たタイミングがめっちゃ良かった


勇気をくれる映画 最高に良かったです

(そして、めっちゃ面白かった


何かチャレンジしようと思った時、ポジティブに生きる人に観て欲しい映画です





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/02(日) 00:04:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ムーンライト

マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描き、第89回アカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞したヒューマンドラマ。

ムーンライト

製作 :2016年 アメリカ
上映時間 :111分
監督 :バリー・ジェンキンス
製作総指揮:ブラッド・ピット、サラ・エスバーグ、タレル・アルビン・マクレイニー、
原作 :ー
脚本 :バリー・ジェンキンス
音楽 :ニコラス・ブリテル
出演 :トレバンテ・ローズ、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、アシュトン・サンダース、ジャハール・ジェローム、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス

ストーリーは、
マイアミの貧困地域で、麻薬を常習している母親ポーラ(ナオミ・ハリス)と暮らす少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)。学校ではチビと呼ばれていじめられ、母親からは育児放棄されている彼は、何かと面倒を見てくれる麻薬ディーラーのホアン(マハーシャラ・アリ)とその妻、唯一の友人のケビンだけが心の支えだった。そんな中、シャロンは同性のケビンを好きになる。そのことを誰にも言わなかったが・・・


美しい話なのでしょう・・・

素晴らしい作品なのでしょう・・・

それは、とても感じましたよ・・・


でもやっぱり私・・・

同性愛の話はチョー苦手なんです

映画が上映されてからYahoo映画などの評価が下がってるので、私みたく苦手な日本人は多いのかな


本作の受賞は、アカデミー賞が攻めに攻めて審査した結果なのでしょう・・・

アカデミー賞の歴史に残る作品なのかもしれません

でも私は、
「アマデウス」「プラトーン」「レインマン」「羊たちの沈黙」が受賞してた頃のアカデミー賞が好きだったな

(だって、アカデミー賞受賞作品を観るのをワクワクしてたもん





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2017/04/01(土) 20:30:07|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ