タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】チャップリンからの贈りもの

1978年のスイスで実際に起きた、驚がくの事件をベースにした犯罪劇。映画史に名を残す喜劇王チャールズ・チャップリンの遺体を盗み出し、家族から大金を取ろうとした男たちに待ち受ける運命を活写する。

チャップリンからの贈りもの

製作 :2014年 フランス
上映時間 :115分
監督 :グザビエ・ボーボワ
製作総指揮:ー
原作 :ー
脚本 :グザビエ・ボーボワ、エチエンヌ・コマール
音楽 :ミシェル・ルグラン
出演 :ブノワ・ポールブールド、ロシュディ・ゼム、キアラ・マストロヤンニ、ピーター・コヨーテ、セリ・グマッシュ、ナディーン・ラバキー、グザビエ・マリー、アーサー・ボーボワ、ドロレス・チャップリン、ユージーン・チャップリン、グザビエ・ボーボワ、アデル・バンシェリフ、オリビエ・ラブルダン、マリリン・カント、フィリップ・ロダンバッシュ、ルイ=ド・ドゥ・ランクザン、バンサン・オーベール

ストーリーは、
1978年、スイスのレマン湖畔。貧しい生活を送り、妻の入院費も払えないオスマン(ロシュディ・ゼム)。そんな中、チャールズ・チャップリン逝去のニュースが流れる。すると親友エディ(ブノワ・ポールヴールド)からとんでもない話を持ち掛けられる。それは埋葬されたチャップリンの遺体を盗み、その返却と引き換えに家族から大金をせしめようというものだった。こうして、犯行に加わることになってしまうオスマン。だが、次々とトラブルが噴出し・・・


まるでコントなんだけど・・・

間が悪く、ダラダラした感じが否めない

なので、笑えないって感じ

題材が良いだけに、
もう少しエンターテイメントの要素を取り入れたら面白かったのにね

それでもとても優しい映画なので、
人が少ないミニシアターでじっくり観るのが合う映画かもね

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/03/31(木) 05:06:04|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ライフ・アフター・ベス

アメイジング・スパイダーマン2」「クロニクル」などで知られ、繊細な演技とルックスで注目を集める若手俳優デイン・デハーンが主演した青春ゾンビコメディ。蘇った亡き恋人との関係で揺れる男性の心を描く。

ライフアフターベス

製作 :2014年 アメリカ
上映時間 :89分
監督 :ジェフ・バエナ
製作総指揮:チャールズ・ボナン、キム・リードフォード、ティム・ナイ、エリザベス・スティルウェル、ブライアン・ヤング、コートニー・キボウィッツ
原作 :ー
脚本 :ジェフ・バエナ
音楽 :ー
出演 :デイン・デハーン、オーブリー・プラザ、アナ・ケンドリック、ジョン・C・ライリー、マシュー・グレイ・ガブラー、モリー・シャノンシェリル・ハインズポール・ライザー

ストーリーは、
ザックは恋人のベスを事故で失い、悲しみの真っ只中にいた。ところが、ベスが墓地から這い出し家に帰ってくる。ザックはこのチャンスを逃すまいとベスを大切にしようとするが、ベスがゾンビとして変化してゆく姿に戸惑いを隠せないでいた。そんなある日、ザックは親戚のエリカに出会い、彼女に惹かれ始める。ところが、それを知ったベスは彼を許さず・・・


デイン・デハーンの演技は良かったけど・・・

ドタバタ劇を期待してたので、思ってたほど面白くなかった

(勝手に期待してた私が悪いんですけどね

でも、ラストの彼女とハイキングに行くシーンは笑えたかな

(そのあとは、ちょっとアレですが・・・)

かなり前から観たかった映画だったので、ちょっと期待はずれでした

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/03/30(水) 07:03:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】人生スイッチ

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが製作を担当し、ひょんなことから窮地に立たされる男女6人の姿を描くコメディー。あることがきっかけで不運に見舞われる、ごく平凡な人々の姿をブラックユーモアを交えて活写する。

人生スイッチ

製作 :2014年 アルゼンチン・スペイン合作
上映時間 :122分
監督 :ダミアン・ジフロン
製作総指揮:ー
原作 :ー
脚本 :ダミアン・ジフロン
音楽 :グスターボ・サンタオラヤ
出演 :リカルド・ダリン、リタ・コルテセ、ダリオ・グランディネッティ、フリエタ・ジルベルベルグ、レオナルド・スバラーリャ、オスカル・マルチネス、エリカ・リバス

ストーリーは、
飛行機の乗客たちは、不思議なことに全員に共通点があり……(『おかえし』)。偶然にも自分が働く店を訪れた親の敵に遭遇した女性に、調理担当が料理に毒を入れることを提案する。さすがに毒はと戸惑うが……(『おもてなし』)。ドライバーは走る車もほとんどない道路で、追い越しを邪魔するボロ車を抜き去るが……(『エンスト』)。


6つの短編を集めたオムニバス映画


これは、アカんやつやわ・・・

まず、めっちゃ不愉快でムカムカする作品もあるのでご注意を

日本人にはあまり向かない、ちょっとキツめのブラックコメディです

「エンスト」と「ヒーローになるために」は、面白かったけどね

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/03/29(火) 07:08:42|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ヴィンセントが教えてくれたこと

ビル・マーレイ扮する破天荒なダメオヤジが、面倒を見ることになった12歳の少年と奇妙な友情を育み、生きる活力を得ていく人間ドラマ。

ヴィンセントが教えてくれたこと

製作 :2014年 アメリカ
上映時間 :102分
監督 :セオドア・メルフィ
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、ディラン・セラーズ、ドン・チードル、G・マック・ブラウン
原作 :ー
脚本 :セオドア・メルフィ
音楽 :セオドア・シャピロ
出演 :ビル・マーレイ、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハワード、ジェイデン・リーベラー

ストーリーは、
アルコールとギャンブルが大好きで、ちょっとクセのあるヴィンセント(ビル・マーレイ)は、隣家に引っ越してきたシングルマザーの12歳の息子、オリバー(ジェイデン・リーベラー)の世話をすることになる。酒場や競馬場へと連れ回し、ろくでもないことを教え込むヴィンセントに反発するオリバーだったが、嫌われオヤジに隠された真の優しさや心の傷に気付いてから、徐々に二人は心を通わせていき・・・


めっちゃベタやけど面白かった

こういう癖のある役をさせたら、
さすがビル・マーレイって感じですね

バランスがよくて、とっても観やすい作品でしたよ


ナオミ・ワッツが役柄のせいか、めっちゃ老けてたのにびっくりした・・・

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/03/28(月) 19:06:56|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【観戦日記】金本監督初勝利♪

(セ・リーグ、阪神7-3中日、2回戦、1勝1敗、26日、京セラD)

京セラドームに連チャンで来ちゃった

IMG_7013a.jpg


高山 プロ初打点

tig16032615010021-p2.jpg

横田 プロ初ヒット

tig16032705030005-p4.jpg


能見サン ナイスピッチング

tig16032618080023-p12.jpg


ゴメスの豪快なホームラン

tig16032705040014-p1.jpg


勝ったど〜〜〜

IMG_7021a.jpg


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/03/26(土) 23:45:37|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【観戦日記】プロ野球開幕!

(セ・リーグ、阪神2-5中日、1回戦、中日1勝、25日、京セラD)

京セラドームに行ってきましたー

IMG_6994a.jpg


試合は負けてしまいましたが・・・


高山選手のプロ初ヒットも見られたし

tig16032605040016-p1.jpg


メッセンジャーの盗塁も見れました

tig16032605020018-p13.jpg


京セラドーム名物のいてまえドッグも食べました

IMG_6998a.jpg


見どころたっぷりの面白い試合でしたよ

IMG_7007a.jpg

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/03/25(金) 23:41:30|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ラブ&マーシー 終わらないメロディー

「サーフィン・USA」など、数々の名曲を生み出したバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」のブライアン・ウィルソンの半生を映画化。現在は傑作と称えられるも、発表当時は世間をにぎわせた「ペット・サウンズ」制作の裏側、そして妻メリンダと出会い再び希望を見いだしていくさまを描く。

ラブマーシー

製作 :2014年 アメリカ
上映時間 :122分
監督 :ビル・ポーラッド
製作総指揮:アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーバーマン
原作 :ー
脚本 :オーレン・ムーバーマン、マイケル・A・ラーナー
音楽 :アティカス・ロス
出演 :ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイク・アベル、ケニー・ウォーマルド、ブレット・ダバーン、グラハム・ロジャース

ストーリーは、
バンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」の人気が過熱していた1960年代のカリフォルニア。うなぎ上りの人気とは裏腹に、新たな音楽を模索してスタジオで曲作りに没頭するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーによって精神的に参ってしまう。それから二十数年、ブライアン(ジョン・キューザック)はメリンダ(エリザベス・バンクス)と出会ったことで・・・


話も面白かったけど・・・

ジョン・キューザックとポール・ダノを同じ映画で観られるこの贅沢さ

(2人には珍しい「静」の演技が素晴らしかった

これだけで大満足でした


流れてくる音楽も心地よくて、久々の良作に出会えた感じ


最近の映画にあまり魅力を感じられない今日この頃ですが・・・

良さげな映画を吟味して観ていこうかな

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/03/22(火) 21:42:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ