タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】サンドラの週末

カンヌ国際映画祭パルムドールを2度受賞したベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟による社会派ドラマ。従業員のボーナス支給のため上司から解雇を言い渡された女性が自身の解雇撤回のため奮闘する姿を描き、数多くの映画祭で話題となった。

サンドラの週末

製作 :2014年 ベルギー・フランス・イタリア
上映時間 :95分
監督 :ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
製作総指揮:-
原作 :-
脚本 :ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
音楽 :-
出演 :マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、オリビエ・グルメ、モルガン・マリンヌ、ピリ・グロワーヌ、シモン・コードリ

ストーリーは、
体調が思わしくなく休職していたサンドラ(マリオン・コティヤール)は、復帰のめどが立った矢先の金曜日、ボーナス支給のため一人のクビを切らなくてはならないと解雇を通告される。ところが、同僚の計らいで週明けに職員たちが投票を行い、サンドラのためボーナス返上を受け入れる者が半分以上になればクビを回避できるという。その週末、月曜日の投票に向けサンドラは同僚たちの説得するため奔走するが・・・


ここまで主人公に共感できないのは珍しいくらい、全然共感出来ませんでした

最悪な状況なのにプライドだけは高く、でも愚痴ばっかり・・・

(ここは私も似てるかな

全編、イライラしますよ

ラストも、「それやったら最初からそうしとけや〜」って感じで・・・

最後まで納得いかん感じでした

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/13(水) 22:50:56|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】しあわせはどこにある

フランス人精神科医フランソワ・ルロールによるベストセラーを、『マイ・フレンド・メモリー』などのピーター・チェルソム監督が映画化。充実した日々を送っていながら、自身の人生に幸せを見いだせなくなってしまった精神科医が、幸せのヒントを求めて世界各地へ旅に出るさまを描く。

しあわせはどこにある

製作 :2014年 イギリス・ドイツ・カナダ・南アフリカ
上映時間 :119分
監督 :ピーター・チェルソム
製作総指揮:ー
原作 :フランソワ・ルロール
脚本 :マリア・フォン・ヘランド、ピーター・チェルソム、ティンカー・リンジー
音楽 :ダン・マンガン、ジェシー・ジュボ
出演 :サイモン・ペッグ、ロザムンド・パイク、トニ・コレット、ステラン・スカルスガルド、ジャン・レノ、ベロニカ・フェレ、バリー・アトスマ、クリストファー・プラマー

ストーリーは、
美貌の恋人クララ(ロザムンド・パイク)と一緒にロンドンで満ち足りた日々を過ごす精神科医のヘクター(サイモン・ペッグ)は、自分を不幸だと思い込む患者たちの話を聞き続けるうちに、自身が幸せを感じられなくなってしまう。充実しているはずなのに自分の人生がつまらなく思えてきた彼は、幸せのヒントを求めて中国、チベット、アフリカなどを巡る旅に出るが・・・


とても共感できる作品でした

(男って、多かれ少なかれ主人公みたいな感じじゃないのかな

映画として面白いかを聞かれると微妙ですが・・・

私にとってはとても面白い作品でしたが、女性にはオススメしないかもです

観終わった後にハッピーな気持ちになれる作品でしたよ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/07(木) 23:33:06|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】イニシエーション・ラブ

乾くるみの人気小説を映画化。原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。映画は、1980年代後半の静岡を舞台に、奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、合コンで知り合った女性マユとの日々を通して変化していく姿を描く。

イニシエーションラブ

製作 :2015年 日本
上映時間 :110分
監督 :堤幸彦
製作総指揮:ー
原作 :乾くるみ
脚本 :井上テテ
音楽 :ガブリエル・ロベルト
出演 :松田翔太、前田敦子、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉、森岡龍、矢野聖人、藤原季節、吉谷彩子、松浦雅、八重樫琴美、大西礼芳、佐藤玲、山西惇、木梨憲武、手塚理美、片岡鶴太郎、池上幸平、森田甘路

ストーリーは、
バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる・・・


原作の小説が大好きで、絶対に映像化は無理やと思ってたけど・・・

映画版もとても上手く出来てて、原作とは違った楽しみ方が出来るかも


小説はラストまで読んだ後、もう一回読み直しましたが・・・

映画はその辺も上手く出来てます


実は映画版は全然期待してなかったんですが・・・

まさかの大当たりの1本でした


音楽やファッションなどもバブリーな時代を意識されているので、
私と同世代の人はそこも楽しめるところじゃないかな

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/07(木) 21:17:16|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤモンド会員限定イベント 甲子園詣

『ダイヤモンド会員限定イベント 甲子園詣』に行ってきましたー

IMG_3784a.jpg


珍しく1塁側のブルペンに入らせてもらえました

IMG_6042a.jpg

(普段のイベント時は3塁側やのにね〜)


で、1塁側のベンチも拝見させてもらい・・・

IMG_6076a.jpg


選手たちの年始の挨拶がオーロラビジョンに流れてました

IMG_3779a.jpg


そして、優勝祈願

IMG_3786a.jpg

IMG_6089a.jpg


3塁側のベンチは座れちゃいます

IMG_6105a.jpg


めっちゃ楽しかったよん

IMG_6115a.jpg


テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/01/04(月) 23:55:20|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作の人気作品から各ヒーローが集結し、世界的大ヒットを記録したアクション巨編の第2弾。

アベンジャーズ2

製作 :2015年 アメリカ
上映時間 :141分
監督 :ジョス・ウェドン
製作総指揮:ルイス・デスポジート、アラン・ファイン、ビクトリア・アロンソ、ジェレミー・レイチャム、パトリシア・ウィッチャー、ジョン・ファブロー、スタン・リー
原作 :ー
脚本 :ジョス・ウェドン
音楽 :デイブ・ジョーダン
出演 :ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、アーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー、コビー・スマルダース、アンソニー・マッキー、ヘイリー・アトウェル、イドリス・エルバ、ステラン・スカルスガルド、ジェームズ・スペイダー、サミュエル・L・ジャクソン、リンダ・カーデリニ、クラウディア・キム、トーマス・クレッチマン、アンディ・サーキス、ジュリー・デルピー、ケリー・コンドン

ストーリーは、
アイアンマンとして何度も人類の危機を救い、だからこそアベンジャーズの限界を誰よりも強く知るトニー・スタークは、自分たちの手に負えない敵の襲来に備え、禁断の平和維持システムである人工知能「ウルトロン」を起動させる。しかし、ウルトロンは「究極の平和」を実現するため、平和を脅かす唯一の存在である人類の抹消を選択する。再び訪れた人類滅亡の危機に、アベンジャーズは人知を超えたウルトロンを相手に戦うことになるが・・・


ヒーローたちのアクションシーンだけで大満足

でも、敵が意外と弱っちかったのがちょっと残念やったけど


今回はアイアンマンが主役でしたが、

2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はキャプテン・アメリカが主役

(原作ではスパイダーマンも出てるらしいけど・・・)




これも楽しみです

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/03(日) 06:55:25|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】リピーテッド

SJ・ワトソンのベストセラー小説を実写化したミステリー。前日の記憶を保持できない障害のある女性が、一本の電話を受け取ったのを機に思いも寄らない事態に引きずり込まれていく。

リピーテッド

製作 :2014年 イギリス・フランス・スウェーデン
上映時間 :92分
監督 :ローワン・ジョフィ
製作総指揮:リドリー・スコット、ボアズ・デビッドソン、ジョン・トンプソン、ガイヤー・コジンスキー、アビ・ラーナー、トレバー・ショート、クリスティナ・デュビン、ダニー・パーキンス、ジェニー・ボーガーズ
原作 :S・J・ワトソン
脚本 :ローワン・ジョフィ
音楽 :エドワード・シェアマー
出演 :ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング、アンヌ=マリー・ダフ


ストーリーは、
目覚めると前日までの記憶が全てリセットされてしまう特殊な障害があるものの、献身的な夫(コリン・ファース)に支えられ日々を送っているクリスティーン(ニコール・キッドマン)。ある日、医師だという人物から電話がかかってくる。それを受けたクリスティーンは、夫に黙って彼のもとで診察を受けていると聞かされ、数週間前から自分が毎日の出来事を映像で記録していることも教えられる。その映像を捜し出して再生する彼女だったが、そこには信じられない光景が収められていた・・・


話はありきたりでしたが・・・

それなりにハラハラ感もあったし、そこそこ楽しめました

コリン・ファースとニコール・キッドマンの鬼気迫る演技を観られるだけでも値打ちもん

本作は2人の演技を堪能する作品かな〜

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/02(土) 05:40:44|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

ロサンゼルス映画批評家協会賞やイギリスのインディペンデント映画賞などで称賛された異色のサスペンス。思わぬ状況に追いやられる中、高速道路を車で走る男の胸中に漂う不安や焦燥を見つめる。

オンザハイウェイ

製作 :2013年 イギリス・アメリカ
上映時間 :86分
監督 :スティーブン・ナイト
製作総指揮:スチュアート・フォード、スティーブ・スクイランテ、デビッド・ジュールダン、ジョー・ライト
原作 :-
脚本 :スティーブン・ナイト
音楽 :ディコン・ハインクリフェ
出演 :トム・ハーディ、オリビア・コールマン、ルース・ウィルソン、アンドリュー・スコット、ベン・ダニエルズ、トム・ホランド、ビル・ミルナー

ストーリーは、
超高層ビルの工事を手掛け、翌日に重要な作業に控えている大手建設会社のエリート社員アイヴァン(トム・ハーディ)。妻と息子たちの待つ家に帰ろうと愛車のBMWに乗り込むと、1本の電話がかかってくる。それを機に、彼は自宅ではなくロンドン方面の高速道路に車を走らせていく。電話で部下に翌日の作業を一方的に押し付け、妻に自宅に戻れなくなった原因を告げるアイヴァン。一刻でも早くロンドンに向かおうとする中、困惑する部下、解雇を宣告する上司、憤怒する妻からの電話を受け取る・・・


期待してたほどではなかったかな〜

(極上のシチュエーション・サスペンスを期待してたけど、サスペンスでさえなかった

ある事で仕事と家庭の両方が最悪になっている状態を、電話だけで済まそうとしている主人公

ワンシチュエーションじゃない方がスリルがあったんじゃないのかな

斬新な発想があまり生かされてない作品でした

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2016/01/01(金) 20:56:42|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ