タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

前2作でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督から、『天国の口、終わりの楽園』のアルフォンソ・キュアロンへとバトンタッチされた待望の『ハリー・ポッター』シリーズ第3弾。

20051130152832.jpeg

ストーリーは、
史上最強の凶悪犯と言われるシリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)がアズカバン刑務所から脱獄したというニュースが街中に広がる。
ブラックはハリーの両親を死に追いやった張本人。
脱獄したブラックは、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)の命を狙う。


監督が変わり、映画の雰囲気がガラッと変わりました。
前2作が子供向き(家族で観て楽しい)だったのに対して、少し大人向きになった感じ

前2作が大好きだったので、少し寂しい気がしますが、
この3作目は、前作と違った面白さがあると思います。

映像も前作までは明るい感じだったのに対して、
ちょっと暗め・・・
しかし、とても綺麗で落ち着いた感じの映像。
この映像美を観るだけでも、この映画を観る価値ありって感じです

ストーリーも前作までは、ずっといい感じで事が進むのですが、
今回はちょっと違い、話自体も落ち着いた感じがします。
(前作までに比べて、少しテンポが遅いって感じがしたのは私だけ・・・

しかし、ゲイリー・オールドマンが出演しているのを見て、
びっくり

最近は、落ち着いた感じの役が多いですが、
キレた演技も見てみたいですね。
私はやっぱり、『レオン』や『トゥルー・ロマンス』、『ドラキュラ』の時の演技が好きかな~
(ゲイリー・オールドマンの『ドラキュラ』は大好き

ハリーやその仲間たちの成長にもびっくり
もう子供じゃないね・・・

スポンサーサイト

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

  1. 2005/11/30(水) 15:51:35|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリー・ポッターと秘密の部屋

『ハリー・ポッター』シリーズの第二章。
ハリーと仲間たちがホグワーツ魔法学校に戻ってくる!
1作目に引続き、監督・製作総指揮クリス・コロンバス。脚本スティーヴ・クローヴス。

20051129155244.jpg

ストーリーは、
夏休みをダーズリー家で過ごしていたハリーの元に、トビーという妖精
が現れ、ホグワーツへ戻らないよう警告する。
警告を無視してホグワーツへの新学期を向かえたハリーや仲間たちに不思議な出来事が・・・


1作目の雰囲気をそのままで、展開はスピーディーに進むので、
前作よりも観やすく、面白い作品になっていると思います。
前作をネタにしたシーンも随所にあるので、前作を観てから
本作を観た方が良いと思います
(観てなくてもストーリーが簡単なので楽しめるとは思いますが・・・


それにしても上映時間が2時間半以上もあるのに、
『あっ』という間に終わってしまいます。
それほど面白い・・・(面白すぎ

ハリーや仲間たちも、ちょっぴり大きくなり、たくましくなった感じ・・・

2作目も大人も子供も楽しめるお勧めの作品です

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

  1. 2005/11/29(火) 16:07:14|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハリー・ポッターと賢者の石

J.K・ローリング原作の世界で一億部も売れている大ヒット小説『ハリー・ポッター』シリーズの映画化。
その第一章となる作品がこの『ハリー・ポッターと賢者の石』です。
監督・製作総指揮は『アンドリューNDR114』のクリス・コロンバス。脚本は、スティーヴ・クローヴス。

20051129161132.jpeg

ストーリーは、
優秀な魔法使いだった両親の死後、親戚に預けられ育ったハリー・ポッターに一通の手紙が届く。手紙の内容は、法魔術学校の入学許可証だった。
ハリーはホグワーツ魔法魔術学校に入学し、魔法使いになるための勉強を始める。ロンやハーマイオニーという友達もでき、楽しく毎日を過ごしていたある日、悪者の手に渡れば世界を混乱に陥れかねない賢者の石が学校の中に隠されていることを知り・・・


いやーーー面白かった
想像していたよりも面白く、よく出来た作品でした。
大人も子供も楽しめる作品です
出演している子供たちもかわいいし・・・
映像もいい意味でマンガみたいで、映画の雰囲気も良かった。
何も考えずに家族で楽しめると思いますよ。

ちなみに、私はこの小説を読んだことがありませんが、
そんな私でも充分楽しめました。

テーマ:ハリー・ポッターシリーズ - ジャンル:映画

  1. 2005/11/28(月) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリムゾン・リバー

『レオン』のジャン・レノと『ドーベルマン』のヴァンサン・カッセル主演のアクション・スリラー。
2人の刑事が雪のアルプスを舞台で起こる猟奇殺人の謎に挑む。

20051126202441.jpg

ストーリーは、
アルプスの麓で両手を切断された無残な死体が崖の上で発見される。
パリから来たニーマンス警視は、事件の真相を追う為に近くの大学を捜査する。
一方、200キロほど離れた村で、墓荒らしと小学校の盗難事件があり、
マックス警部補が捜査に向かう。
それぞれ違う事件を追う2人が交わる時、恐ろしい事実が・・・


思ったほど、謎解きの要素が少ない感じがしました。
グロいシーンもあまりなく(これは良かった・・・)、
想像していたものとは異なった作品でした。

正直、犯人もすぐに気付きましたので、
あまり面白くなかった・・・

ここから少しネタバレで書きますのでご注意を
(文字を反転)
劇中でもニーマンス警視が言っていたとおり、死体の第一発見者は怪しいと思っていたので、『やっぱり』って感じでした・・・
女性で登山のスペシャリストっていうのは、なおさら怪しい・・・
映画の序盤で犯人が解ってしまいました・・・(普通わかるやろ
犯人が双子ってのは解りませんでしたが、子供のすり替えっていうパターンもよくある使い古しで古臭い気がします・・・
ネタバレ終わり

私としては、あまりお勧めできない作品です。
(2はどうなんやろ

ジャン・レノ好きな私にとっては、すごい残念でした・・・

しかし、私がこの映画の良さに気付いていないだけかも・・・
誰か、この映画の良い所を教えてー

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/27(日) 00:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

ダース・ベイダー誕生の秘密がついに明かされる。
壮大な『スターウォーズ サーガ』の完結編。

20051126000137.jpg

ストーリーは、
クローン戦争から3年、未だに共和国と分離主義者との戦争が続いていた。
アナキン(ヘイデン・クリステンセン)とアミダラ(ナタリー・ポートマン)は結婚し、アミダラのお腹の中にはアナキンとの子を宿していた。
しかし、母の死の時と同じ悪夢に悩まされるアナキンは、暗黒面(ダーク・サイド)に魅了されていく・・・


初めて『スターウォーズ』を観たのは小学生の時。
25年以上経った今、終わりであり始まりとも言えるエピソード3をついに観ました。
私にとって(私の同世代は皆?)、『スターウォーズ』は一種のお祭り。良くても悪くても『スターウォーズ』なのです。
仕事が尋常ではないくらい忙しかった為、映画館では観れませんでしたが、DVDでも『スターウォーズ』の素晴らしさは充分に伝わってきました。(しかし、映画館で観たかったよー

まず、エピソード3の壮大な映像美に驚かされます
CGとは思えないほどリアルで綺麗な映像は、本当に圧巻です。
前作までは、なんとなく質感の無いCGが気になる事もありましたが、今回は完璧・・・

映画のストーリー自体は、アナキンが暗黒面(ダーク・サイド)に堕ちるストーリーなので、悲劇なのですが、
それでも観終わった後、オペラを観終ったかのようなすっきりした気分になります(そういえば、オペラなんて観た事ないやん・・・俺)

観る前からオチが分かっていても、それまでの過程がしっかりしており、特にオビワンとアナキンとの死闘は手に汗握り、後世に残る名シーンの1つになる事、間違いなし

ダース・ベイダー誕生のシーンは、背筋がゾクゾクってしちゃいました。

これで最後と思うと寂しいような・・・しかし満足感みたいなものも・・・

とても感動的で、シリーズの最後を締めくくるに相応しい
素晴らしい作品でした

テーマ:スターウォーズ - ジャンル:映画

  1. 2005/11/26(土) 00:34:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナショナル・トレジャー

『ザ・ロック』『コン・エアー』のプロデューサー ジェリー・ブラッカイマー
と主演ニコラス・ケイジが再び手を組んだ冒険アクション・アドベンチャー作品。
ディズニーという事で極上の娯楽エンターテイメントを期待して観ました。
20051125001756.jpg

ストーリーは、
考古学者であり冒険家であるベンジャミン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)はテンプル騎士団の財宝を探していた。
手がかりを求め北極に向かったベンは、資金提供者のイアン(ショーン・ビーン)と対立する事となる。
イアンは、財宝の手がかりとなる“アメリカ合衆国独立宣言書”を盗む計画を立てる。
『守るためには・・・獲るしかない!』という事でベンはイアンより前に“アメリカ合衆国独立宣言書”を盗む決意をするが・・・


期待どおりの娯楽映画に仕上がっておりました。
誰が観ても楽しめるディズニーらしい映画だと思います。

ただ、悪役が中途半端(ディズニーなので仕方が無いですが・・・)な事と
私の最も好きな映画の1つ、『インディ・ジョーンズ シリーズ』と比べると、迫力不足な気が(少しだけ)しました。

まぁ、安心して観れる素晴らしい映画だと思います
(大好きな俳優の1人、ニコラス・ケイジが出てるし・・・

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/25(金) 00:35:33|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

かに旅行 in 香住

2005年11月23日(水) ~ 2005年11月24日(木)

仕事仲間と一緒に兵庫県美方郡香住町まで、蟹を目的とした旅行に行きました。

<2005年11月23日(水)>
10:00 中央郵便局に集合
   旅行には最高の天気、気温も比較的に暖かく、いい感じ

12:30 天橋立に到着
20051124202630.jpg

10年以上ぶりの天橋立
展望台は、観覧車などがありますが(前に来た時って、あったっけ)、日本三景の1つにしてはちょっと地味な感じ・・・

天橋立というと「股のぞき」。股の下から天橋立をのぞくと、天地転倒の逆転効果により、松並木が空中に浮かんだような錯覚を起こし「天の釣り船とも天にかける橋」とも言われております。(見える?)
20051124210258.jpg

展望台を降りて、ちょっと遅めの昼食。

16:00 宿泊する宿に到着
20051124211340.jpg

思っていたよりも豪華な感じ

18:00 食事(蟹尽くし
20051124212307.jpg

20051124212451.jpg


焼きがに
かにの刺身
ゆでがに
かにみそ
なべ&おじや

食べ切れません・・・(幸せすぎー)

食後は、(お決まりの?)マージャン
惨敗でした・・・


<2005年11月24日(木)>
10:00 チェックアウト
   温泉にも入り、朝食も食べ(結構豪華でした)、
   まずはお土産を買いに出発

10:30 海産物売り場にて、おみやげ購入
20051124213802.jpg

仕事場用のお饅頭と、家族用の干物や蟹味噌などを購入
干物がめちゃくちゃ安かった

12:00 出石に到着(昼食)
20051124214605.jpg

出石そば(おししかったー
20051124214301.jpg


15:00 大阪到着

久々にまったりとした時間をすごしました。
蟹尽くし最高

今度は違うメンバーでもう一度行こうと思います

テーマ:うまいもの - ジャンル:旅行

  1. 2005/11/24(木) 21:52:12|
  2. 30代おやじの遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAW2

謎はすべて明かされる!前作をはるかに超える【ソリッド・シチュエーション・ホラー】
謎? 明かされる? 前作を超える?
衝撃的なラストシーンで話題になった【SAW】の続編。
『CUBE2』のように続編はひどいのが多いので、期待半分不安半分で観ました

saw2.jpg

ストーリーは、
エリック刑事が殺人現場に向かうと、そこには連続殺人犯ジグソウの仕業と思われる頭部が破壊された死体とエリックへのメッセージが残されていた。
ジグソウの隠れ家に機動部隊と共に突入すると、そこにはジグソウと一緒に数々のモニターが置かれており、そのモニターにはエリックの息子を含め男女8人が監禁されている映像が映し出されていた。
息子を助け出す為に、エリックはジグソウと『ゲーム』をするのだが・・・


めちゃめちゃグロかった・・・
めちゃめちゃ怖かった・・・
そしてめちゃめちゃ面白かった

この映画は、前作を観てから観ないと、面白さが半減します。
観る前に復習するくらいの方が良いかも・・・

今作は、前作とは少し面白みが異なりますが、素晴らしい作品に出来上がっています。
前作の雰囲気は残しつつ、より怖く、グロくなっています。
そして全編に緊張感があり、ハラハラします・・・

ここからは、ネタバレして書いちゃいます。
(この映画はネタバレせずに書かれへん・・・)
まだ観ていない方は、ご注意を

前作の衝撃的なラストほどではないですが、今回も驚かされました。
オチ自体は、よく注意して観ているとヒントがかなり多く散りばめられているので、わかる人はわかると思います。
例えば、
 前作で『ジグソウは最前列で観るのが好き』と言っていた事
 監禁されている男女8人が血を吐いているが、吐いていない者も・・・
 金庫のナンバーの並び順は『虹の彼方に』、 虹? 7? 監禁されている者は8人。
 エリックは、ジグソウに『ここで座って話をするだけでいい』と言われる、という事は答えはここに・・・
 監禁されている男女8人の中に、前作で『ゲーム』に勝ったはずのアマンダがいる事

などなど・・・

しかし、それでもラストは衝撃的です。
特に、エリックの息子とアマンダが最後にたどり着く場所が、前作の舞台となったバスルームだったシーンは、背中がゾクゾクってしました
観ていたモニターの映像が『録画されたもの』っていうのも、びっくり ですよね。

私はスプラッターは苦手なので、もう一度観るのは無理ですが、
苦手でない方は、もう一度観て、散りばめられたヒントを再確認する事をお勧めします・・・(他の映画とは違う楽しみ方が味わえます)

続編もありそうな終わり方でしたので、楽しみ

しかし、グロいシーンは減らして・・・

テーマ:ソウ2 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/23(水) 08:11:32|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プチツーリング(和歌山県 加太)

2005年11月20日(日)

今日、私が所属しているツーリングクラブ非公式のツーリングに参加しました。

目的は、
『和歌山県 加太の名物、キシモトの“お母さん”の作る揚げパンを食べに』

集合場所は、泉佐野の某コンビニ。
(私にとっては、集合場所に行くまでで、ちょっとしたツーリングかも

別部隊が渋滞に巻き込まれていたみたいで、約1時間遅れで出発

目的地には1時間(も経ってないかな?)で到着

20051120204516.jpg


ちなみに
集まってきた人達は、リッタークラスのバイクばっかり・・・
私は250cc・・・思い切り場違いって感じ・・・

20051120205524.jpg

しかし、皆さん良い人ばかりで、
暖かく接して下さったおかげで、楽しいツーリングでした
[プチツーリング(和歌山県 加太)]の続きを読む

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/11/20(日) 20:51:13|
  2. オートバイ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

モンドヴィーノ 誰かに話したくなる、ワインの話。

今、日本は第6次ワインブームらしいのですが、
この映画は、そのワイン業界の実情をカメラに収めたワイン業界のドキュメンタリー映画です。

20051120192401.jpg

ストーリーは、
土地風土(テロワール)に根ざした昔ながらのワイン造りに対して、
世界中を飛び回りワイナリーの生み出すワインを調整する『空飛ぶワイン屋』ことワイン・コンサルタントのミシェル・ロラン、
世界中のワインの産地に進出し、土地に根ざしたのではなく、モンダヴィ・ブランドの味を供し続けているモンダヴィ一族、
市場に多大な影響力を持つワイン評論家のロバート・パーカー
(実は彼にもワインの色・味の好みがあり、それがロランがコンサルティングした傾向のものであるという批判が・・・)
などが出現し、ワイン業界に異変が・・・


ワイン業界の有名人やワインが次から次へといーっぱい出てきます。
私は、ワインの事は殆ど知らないので、着いていくのに必死です・・・

しかし、面白くなかったのかというと、そうでもない・・・
っていうか結構面白かった

ワイン業界にもグローバリゼーションの波が押し寄せて来て、世界各地からおいしいワインが届けられるようになってきましたが、その反面、ワインの味や香りが均一化されていると劇中では言われています。
私みたいなワインの事をよく知らない者にとっては『はずれを引かない』という意味では良いような・・・

観終わった後、ちょっとワインの裏事情が解った気になれます・・・

この映画を観て、
『この映画に出てきたワインを飲んでみたいな~』って思いました。

※ 注意
  周りで寝てしまってた人が多かったです・・・
  ドキュメンタリーが苦手な人にはお勧めできません

(おまけ)
私は、大阪の空中庭園で有名な梅田スカイビルの中にある『梅田ガーデンシネマ』でこの映画を観ました。

20051120200249.jpg

現在、クリスマスイベントが催されており、

巨大なクリスマスツリーや
20051120200840.jpg

メリーゴーランド
20051120201030.jpg

サンタさん?
20051120201207.jpg

などロマンティックで楽しい事がいっぱい

恋人同士や大好きな人と一緒に行くと良いのでは

私は昨年の同じ時期にここで、
男同士で『Zガンダム -星を継ぐ者- 』を観てました・・・

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/20(日) 20:32:19|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーガットン(the FORGOTTEN)

『シックス・センス』以来、最も衝撃的なスリラー
という事らしいですが・・・
今回は、ちょっとネタバレで書きますので、ご注意を

forgotten.jpg

ストーリーは、
息子を14ヶ月前に飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、心の傷が癒えぬまま毎日を送っていた。
そんなある日、テリーは夫と息子と3人で撮った記念写真からサムだけが消えているため混乱する。
それ以外にも息子が写っていたアルバムやビデオからも消えている事に気付く。
テリーは更に動揺し、精神科医(ゲイリー・シニーズ)に相談する。
精神科医や夫からは、『息子は最初から存在しなかった』と告げられる。
どうしても納得がいかないテリーは、息子の存在を証明しようと行動するのだが・・・


映画が終わった瞬間、
『やっちゃった・・・』とひとこと言ってしまった・・・
私の中で映画で一番やっちゃあいけない事をこの映画はやってしまってます。

途中まではハラハラさせる展開かな?と思わせたのですが、
ネタがばれてきたあたりから、トーンダウン・・・

まさかそのオチでは終わらんやろ?
そのまますんなり終わらんやろ?
もうひとひねりあるよね?
という期待も完璧に裏切られます・・・

唯一楽しめたのは
『スネーク・アイズ』の時と同様、
ゲイリー・シニーズは出た瞬間から、胡散臭さ満開
ただの精神科医じゃあないやろうと思っていたら、
その期待を裏切らず、やっぱり映画の重要人物
笑ってしまいました

しかしこの映画、
私の記憶の中からも『フォーガットン』してくれ~

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/19(土) 10:46:05|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャーリーとチョコレート工場

ロアルド・ダールのファンタジック小説『チョコレート工場の秘密』を映画化。
ポスターや予告編からも胡散臭さが漂ってくるおかしな作品・・・
『シザー・ハンズ』や『スリーピー・ホロウ』でおなじみのティム・バートン監督&ジョニー・デップの名コンビ。
観る前からワクワクさせてくれる映画です

20051118222608.jpg

ストーリーは、
貧乏でも暖かな家族がいてとてもやさしいチャーリーという少年がいました。
チャーリーの家の近くには世界的に有名なチョコレート『ウォンカ』の工場があります。
このチョコレート工場はとても大きな工場ですが、15年間閉ざされたまま・・・
ある日、ゴールデン・チケット入りのウォンカのチョコレートが当たれば、工場見学が出来るというニュースが発表されます。
ゴールデン・チケットが入っているチョコレートは5枚。
まるまる太った少年や大金持ちのわがまま娘、ありとあらゆる賞を獲得する事に執念を燃やす少女、とても頭の良いゲーム好きの少年がゴールデンチケットを手にし、残るゴールデン・チケットはあと1枚。
その最後の1枚のゴールデン・チケットがチャーリーの手に転がり込みます。
ゴールデン・チケットを手にしたチャーリーはチョコレート工場に招待されますが・・・


とっても面白い作品です
特に、全体的に嘘っぽーくて、胡散臭く、いかがわしい雰囲気が・・・
ばかばかしいけど、愉快で、楽しいシーンが満載なので、大人も子供も楽しめると思います。
(ちょっと、ブラックな笑いが入っていますが・・・)

私は、ウンパ・ルンパにハマってしまいました
(ウンパ・ルンパは、観てのお楽しみ

観終わった後(観ている最中も?)、とても幸せな気分になる素晴らしい映画です。

何度でも観たくなる愉快で楽しい映画なので、お勧めです

テーマ:チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/18(金) 23:09:57|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

オペラ座の怪人

劇場公開時に観たかった作品。(仕事が忙しくて見逃してしまいましたが・・・
壮大かつ豪華絢爛なこの作品。
天才作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲・脚本・プロデュース。
近年は舞台演出も手掛けているジョエル・シュマッカーが監督。
面白くないはずが無い?

20051118070820.jpg

ストリーは、
1870年代のパリ。オペラ座では怪人ファントムによる謎の事件が続いていた。
リハーサル中の事故などで降板したプリマドンナの代役を務めることになったクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。
クリスティーヌの幼なじみラウルは、彼女に愛を告白するが、「音楽の天使」ファントムにクリスティーヌをオペラ座の地下深くに連れ去られる。
クリスティーヌは、ファントムを亡き父親が授けてくれた「音楽の天使」だと信じ密かに慕ってきたが、ファントムの仮面の下に隠された素顔を知り、悲劇へと向かい始める・・・

全編ミュージカル仕立てということで、好き嫌いが分かれる作品だと思います。
私は美しい歌声と映像美で画面に釘付け状態・・・
重厚な作りとクリスティーヌとファントムの美しいハーモニーが見事にマッチしています。
時には力強く、時には悲しい あの歌声・・・
観終わった後もしばらくは耳から離れません。

有名な『シャンデリアが落ちるシーン』も壮大で、文句なし

期待どおりのとても素晴らしい作品でした。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/18(金) 07:19:41|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バットマン ビギンズ

私は特別バットマン好きっていう訳ではないですが、
監督が『メメント』のクリストファー・ノーランという事で観ました。
バットマンでは、監督がティム・バートンの『バットマン リターンズ』で苦い思いをしているが・・・

20051117021841.jpg

ストーリーは、
これまで語られなかったバットマン 誕生の秘密がついに解き明かさせる。
目の前で両親を殺された御曹司のブルースは、悪を倒し恐怖心に打ち勝つ為に世界中を放浪する。
ヒマラヤの奥地で“影の同盟”を名乗るデュカードに出会い、彼の元で修行を積み、
ブルースはゴッサムシティに戻り、バットマンとして犯罪に満ちた街を救う事を決意する。

『バットマン&ロビン Mr. フリーズの逆襲』みたいな娯楽中心ではなく、見応えある良い作品だと思います。
ティム・バートン監督の『バットマン』・『バットマン リターンズ』も映画の雰囲気は好きだったのですが(ちょっと暗すぎな感じはしましたが・・・)、
この作品もノーラン監督の独特な雰囲気が出ている作品です。
出演されている役者も良く、主演のクリスチャン・ベールをはじめ、
脇を固めるモーガン・フリーマンやゲイリー・オールドマンの渋い演技は作品に厚みを持たせている感じがします。
渡辺謙はちょっとかっこ悪すぎ・・・
(出んほうがよかったんちゃうん

ヒーローものが好きな方には、ちょっと合わないかもしれませんが、
リアル路線のバットマンも、これはこれでいいかも

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/17(木) 02:16:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:1

会社をさぼって(?)USJ

今日、会社をサボって(?)、年間パスポートの更新も兼ねてUSJに行った。

開場10分前にUSJに到着。
まずは、『アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン ザ・ライド』に乗る。
(待ち時間は20分)
20051115212203.jpg
これは、USJの中で一押しのお勧めアトラクション
いろいろなアトラクションの良い所だけをとってきたような感じの乗り物です。

次に『ジュラシックパーク・ザ・ライド』
(待ち時間は25分)
20051115212832.jpg
最後は急流すべりなので、めちゃくちゃ濡れてしまいますが
出てくる恐竜も結構リアルで、これもお勧めのアトラクションです。
(特に夜がお勧め 恐竜がよりリアルに見えますよ)

続いて、『ジョーズ』
(待ち時間は15分)
20051115213544.jpg
身長制限が無いので、小さな子供も乗れるUSJでは数少ないアトラクション。
このアトラクションは、絶対に前列左側に乗るべし
ジョーズは左側の方が出現が多く、水にたっぷり濡れます

次は、『E.T.アドベンチャー』
(待ち時間は30分)
ET.jpg
これも身長制限が92cmと比較的低いので、小さいお子さん連れにお勧め。
いつもはかなり待ち時間が長いのですが、
今日は、朝から機械の調整のためにストップしていたおかげで、
待ち時間が少ないタイミングで乗る事に成功
大人は少し物足りなさを感じるかも?

昼食を食べて、次はショーを観る。

『アニマル・アクターズ・ステージ』
いろいろな動物が芸(演技?)をします。
お子様や動物好きにお勧め(私も大好きなショーです)

『スヌーピーアクションステージ』
お子様向け・・・
大人は物足りなさを感じるでしょう・・・

年間パスポートの更新を終え、

『シュレック4Dアドベンチャー』を観る。
(待ち時間30分)
大人も子供も楽しめる面白いショーです。
3Dだけではなく、水しぶきや風が出てきて、その場にいる感覚になるとても不思議なアトラクション。
私は大好きです。

日が沈んだ頃、『ユニバーサル・ワンダー・クリスマス』が始まります。
20051115215919.jpg
この時期だけの特別なショー。
日本一高いクリスマスツリーの前で美しい歌と踊りが始まります。
クリスマスツリーも色鮮やかに輝きだし、
とてもロマンチックです

その後、『クリスマス・タイム・マジック』が始まります。
この時がチャンス
日頃待ち時間が長くて乗れないアトラクションがガラガラになっています。
私は『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』に乗りました。
(待ち時間は20分)
20051115221333.jpg
これは、振動が強く迫力満点の体感型のライドアトラクション。
乗り物酔いする人にはお勧めできませんが・・・

今日はこれだけ乗りましたが、
気合入れていっぱい乗った訳ではなく、だらだらしている時間も長かったのですが、
行く日によって、平日でも空いている日と、そうでない日があります。
今日は、ラッキーな1日でした。
ちなみに、『バックドラフト』は比較的いつも空いています。
空いた時間に乗る事をお勧めします。
(私は連れが熱いのが大嫌いな為、今日は見合わせましたが・・・)

USJ.jpg


ちなみに夜の写真が多いのは、
アトラクションに乗る事に夢中で、写真を撮るのを忘れてたから・・・

仕事でストレスが溜まった時、
まるで日本じゃない所にいるような気にさせてくれる空間がUSJにはあります。
ストレスが溜まった時は、会社をさぼって(?)
USJにGO
もいいかも・・・

テーマ:30代のライフスタイル - ジャンル:ライフ

  1. 2005/11/15(火) 22:37:09|
  2. 30代おやじの遊び
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ティム・バートンのコープスブライド(字幕版)

監督ティム・バートンのストップモーション・アニメ。
ティム・バートン原案の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』も大好きなので
楽しみにしていた作品です。

20051114220007.jpg

ストーリーは、
19世紀のヨーロッパ。明日に挙式を控えた内気なカップルがいました。
新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。
政略結婚でしたが、2人は出会った瞬間に、お互いに好意を抱きます。
内気なビクターは挙式のリハーサルで失敗し、暗い森の中でひとり明日の挙式の練習をします。
そして誓いの言葉とともに小枝に指輪をはめると、
それが死体の花嫁=コープス ブライドの指だったために・・・


色々な要素が盛り込んであるとても楽しい作品です。
ストーリーはシンプルで、決してストーリー重視の作品ではないと思います。
ミュージカル仕立てになってあったり、『キモかわいい』キャラクターがいっぱいで、
ティム・バートンらしい作品かな
私の中では、ティム・バートンはもっとマニアック(おたくっぽい?)な作品のイメージが強いですが・・・
主人公がもっとおたくっぽかったほうが良かったかも?

『PLANET OF THE APES 猿の惑星』みたいな、
えっなんでこんなん作ったの
っていう作品も作るようになっちゃったティム・バートンですが、
この作品は、素直に楽しめる良い作品だと思います。

テーマ:コープスブライド - ジャンル:映画

  1. 2005/11/14(月) 21:55:53|
  2. 映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)

スケールが大きい作品なので映画館で観たかったのですが、仕事が忙しくて、残念ながらDVD鑑賞となってしまいました。

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・クルーズ
   ダコタ・ファニング
   ティム・ロビンス

ストーリーは、
地球外生物が、地底奥底に人類が生まれる前から埋められていた『トライ・ポッド』
という殺人マシーンに乗り、人類を絶滅の危機に陥れようとするが・・・

はっきり言って、DVDで観る映画ではないです。
うちは32型のテレビで音もそこそこ大きめで観ましたが、あまり恐怖感や迫力が伝わってきませんでした・・・

映像はすごくうまく出来ていて、CGと思わせない『まるで本物みたい』な臨場感がありました。
『実際のニュースを見ているような』錯覚に陥るくらい・・・

映画館で観たかったなーとちょっと悔しい気分になりました。

しかし、ラストシーンがあっけない感じがして、
少し物足りなさが残ったかな  

それにしても、ダコタ・ファニングの絶叫シーンは迫力満点でした
(もう、『どれだけ叫ぶねん』って感じで・・・)

トム・クルーズも
いつもの正義感たっぷり or かっちょいいキャラではなく、
らしくないダメ親父を演じていて、これはこれで良かったですよ。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/14(月) 16:35:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お父さんのバックドロップ

中島らも原作の『お父さんのバックドロップ』を映画化。
昨年(もっと前かな?)に映画館で観たこの作品。
あまりにも良い作品だったので、DVDを買ってまた観てしまいました。
(で、また泣いてしまいました・・・

主演は宇梶剛士、天才子役の神木隆之助くんも出演しています。

ストーリーは、
「新世界プロレス」のプロレスラーを父に持つ小学生の一雄は、
プロレスが大嫌い。
経営上の問題で、悪役に転向したお父さんを恥ずかしく思う一雄は、
クラスメイトにもお父さんの事を内緒にしていた。
そんな息子の信頼を得る為に、無謀ともいえる試合に挑戦するが・・・

最初にも書きましたが、この映画は『泣けます』
しかし、ストーリはめっちゃくちゃ『ベタ』です。
難しい話が好きな人は、観ない方がいいかも・・・
それと、大阪の話なので、しょーもないギャグや強烈な大阪弁が満載なので、
苦手な方はちょっと・・・

私は大阪人なので、こういう雰囲気の映画が大好きです。
まっすぐにしか生きられない主人公にも共感をもてますし、
子役の神木隆之助くんがかわいい(なんて綺麗な顔をしているのでしょう・・・

宇梶剛士さんも主人公にぴったりハマっているし(赤井さんでも良かったかな)、
チャンバラトリオの南方英二さんの演技やギャグも絶妙で最高

とってもハッピーになれる、大好きな作品です

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/14(月) 09:35:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

僕の彼女を紹介します

『猟奇的な彼女』の主演(チョン・ジヒョン)と監督(クァク・ジェヨン)の作品。

『猟奇的な彼女』のシンプルで解りやすいストーリーや最近の日本映画には少ない純粋な恋愛映画(最近、男女関係がどろどろしたドラマや映画が多くない?)にとても感動し、素直に楽しめたので、この作品も期待していました。

ストーリーは、
思い込みと正義感が強いヨ・ギョンジン巡査(チョン・ジヒョン)が、引ったくりと間違えて善良な高校教師コ・ミョンウ(チャン・ヒョク)を捕まえてしまいます。
そんな奇妙な出会いですが、2人は徐々に惹かれあい、恋に落ちます。
ある日、凶悪犯を追っている彼女を助けようと出かけたミョンウに2人の運命を変える出来事が・・・

感想は、
正直言って期待したほどではありませんでした。
しかし、主演のチョン・ジヒョンはかわいいし
観ている人を楽しませようという心意気が伝わる作品だと思います。
ラストシーンのサプライズも良かったし・・・

この映画も
シンプルでさわやかな作品なので、
観終わった後、心地よさが残る良い作品だと思います。
(期待しすぎたら駄目ですが・・・)

韓流映画は、特別好きでも嫌いでもありませんが、
『猟奇的な彼女』・『僕の彼女を紹介します』の2本は、
良い作品だと思います。

20051114085744.jpg

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/14(月) 08:59:45|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阪神タイガース 公式オフ会参加

2005年11月13日(日)

初めてオフ会というものに参加しました。
1次会は京橋の『かっちゃん』というお店。
店付近には30分前に到着したのですが、店がわからない・・・
結局、迷いに迷って15分遅れでなんとか店に到着。
(既に始まっておりました・・・)

下は高1から上は50歳という年齢層で
阪神の思い出もそれぞれ違い、面白話がいっぱい聞けました。
タイガースの事について、
あれだけ熱く話をするのは本当に久しぶりだったので、
楽しかったー
ヒッティングマーチも現在・過去の選手を問わず
みんなでガンガン歌いまくり(たまに違う球団のHMも・・・

1次会は、最後に六甲おろしを歌って終了。

2次会は近くのカラオケボックス。
1次会ほどタイガースの話は出来ませんでしたが、
(カラオケボックスなので当たり前か・・・

いろいろな意味で盛り上がり、
これはこれで楽しかったです。

またこういう機会があれば、ぜひとも参加したいなー

今回参加された方々と
甲子園で出会えたら・・・という楽しみが増えたし、
来シーズンも甲子園に行くぞーーー

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/14(月) 05:00:46|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

ツーリング(目的地は信楽だよ!)

2005年11月12日(土)

日頃お世話になっている会社の人とツーリング。
ツーリング当日の朝に目的地を決めるという、計画性まったくなしのツーリング
(たまにはこういうのもいいよね

9:30 江坂に集合
仕事がかなりいそがしい会社な為、結局集まったのは私を含めて3人。
缶コーヒーを飲みながら、目的地を決める
(神戸?和歌山?奈良?京都? なかなか決まりません・・・

目的地を『信楽』に決め、いざ出発

13:00 瀬田の唐橋で休憩
途中で道を間違え、なぜか着いたのは『瀬田』
昼食にちょうど良い時間なので、近くの喫茶店で食事&休憩

20051113081740.jpg

20051113085036.jpg


15:00 信楽に到着
信楽焼きのお店でお土産を買いました
(もちろん自分用)

20051113090228.jpg


sigaraki.jpg

帰りは、栗東まで下道を走り、名神高速で吹田まで
めちゃくちゃ寒かったので、大津SA・桂川PAで都度休憩し、
家に着いたのは18:30
仕事が忙しくてストレスがかなり溜まっていたり、前日から体調を崩したりしておりましたが、
やっぱりバイクはサイコー
一緒に行った人も気兼ねしなくても良い人柄の人だったので
楽しくバイクに乗れました。
紅葉も綺麗でしたよ

20051113091429.jpg

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/11/13(日) 09:22:28|
  2. オートバイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21g(21グラム)

大好きなショーン・ペーン主役の映画。

ストーリーは、
 大学で数学を教えていたポールは、余命1ヶ月と宣告され唯一の治療法である心臓移植の順番を待つ身。
 クリスティーナは、ドラッグに依存していた時もあったが、今は優しい夫と幼い2人の娘に囲まれ幸せな生活をおくっている。
 過去に罪を犯したジャック。信仰に没頭することで心の平穏を保っている。

クリスティーナは最愛の家族を失い、ジャックは自身が起こした事故で3人の命を奪う。ポールは待ち望んでいた心臓を得る。
1つの心臓によって、出会うはずの無い3人がめぐりあい・・・

ストーリー・カメラワーク・雰囲気・演技
全てが グッド

この映画は、じっくり(まばたきもせずに?)観て下さい。
心に押し寄せてくる何かがきっとあります。

テーマが予想どおりすごく重い作品ですが、
時間軸を前後入り交えた構成や、ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツの3人の見応えある演技。
観る価値ありです

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/10(木) 21:28:09|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エターナル・サンシャイン

以前から気になっていた作品。
予告編やあらすじ、脚本が『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマンという事で、
観る前から期待度でした。

あらすじは、
喧嘩別れした恋人が特定の記憶のみ除去する治療を受け、
主人公の自分との記憶を消した事を知り、
失意のあまり自分も彼女との記憶を消す事を決心します。
しかし、施術中に思い出される楽しい記憶の中で、
彼女の事や思い出が、大事な宝物だと気付き・・・

ストーリ設定は、かなりイケてます
私は主役のジム・キャリーがあまり得意でないのですが
(演技が大げさで、くさい・・・)
あまり気になりませんでしたが、
脇を固める役者がイマイチのような気がします。
(ケイト・ウィンスレットは派手な髪の色は気になったけど、演技は良かったかな

ただ、
ラストシーンのオチが私はあまり好きではないです。
あれだけ凝ったストーリーなのに、最後はこれだけ?って感じ

期待しすぎた分、ちょっと物足りなさが否めませんが、
面白い作品だと思いますよ。

私は1人で観ましたが、
恋人同士で観たら、感じ方も違う作品だと思います。
(恋人と2人で電気を消して、観てほしいなぁ~





テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/08(火) 00:33:20|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

SAW

『SAW2』が劇場公開されましたので、
急いで前作の『SAW』を観ました。

今流行の?
ソリッド・シチュエーション・スリラー。

密室に鎖につながれている男が2人と頭から血を流している
死体が1体という異様なシーンから映画は始まります。
そこには
テープレコーダーとテープ、2本のノコギリ、一発の弾丸などが
隠されており、
それが密室から脱出する手がかりに・・・?

あまり書いてしまうとネタバレになり、
この映画ほどネタが解ると面白くない映画もないので
映画の内容は書きませんが、

『セブン』、『CUBE』、『メメント』と同じく
独特な異様な雰囲気をもっている映画です。

衝撃の結末に思わず
『だまされた』と言いたくなる映画です。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/05(土) 01:23:13|
  2. 映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

機動戦士ZガンダムⅡ-恋人たち-

『機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者-』の鳥肌もんのラストシーン。
かなり期待しておりました

正直な感想、ちょっと詰め込みすぎ・・・
復活したアムロ・レイの活躍を期待しておりましたが、
ちょっと期待はずれかな?

声優もTV版と変わっており、
ファの声が違和感ありあり・・・

しかし、
新カットもいーっぱいあり、
迫力あるシーンも盛りだくさん

クワトロ・バジーナも相変わらず、かっちょいいー

カミーユは、前の2人に食われちゃってる感は
否めません・・・

ストーリー的には、すこし物足りなさが残りますが、
それは、『機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』の為の
準備という事で
ラストがTV版と異なる『新説 ZG 完結編』

かなり期待できるのではないでしょうか



テーマ:機動戦士 ガンダムシリーズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/11/04(金) 23:29:46|
  2. 映画
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

エンジンストップ?

先週の水曜日、ひっさしぶりにバイクに乗りました。
しかし
途中で目的地を確認する為にエンジンを止め、
目的地の確認後に、セルスイッチをおしたら・・・
エンジンがかからない・・・

今日、バイク屋さんに行ってきます・・・


> バイクが直りました。
  やっぱり、バッテリーみたいです。
  購入時に、取り替えてもらった筈なのに・・・?
  (中古は、こういうことがあるので気をつけないとね)

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

  1. 2005/11/03(木) 09:53:10|
  2. オートバイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本シリーズ(勇気を出して悪夢を振り返ります)

悪夢のような日本シリーズが終わって1週間以上が過ぎ、
なんとかあの時のショックから立ち直りつつある私です。

第3戦・第4戦は仕事の為、
テレビ観戦は出来ず、インターネットで試合経過を
見守っていました。
いつもであれば、
帰宅後にスポーツニュースやインターネットで
試合の詳細を確認し、ブログに書いておりましたが、
今回は、とてもそんな事が出来る状況では・・・
(あんな試合、見直せるかーーー
まだ、ボビーの胴上げを見ておりません
(っていうか避けて通ってます)

今回の日本シリーズで感じた事を書かせてもらいますと、

 1.タイガースは運が無かった
   審判の判定・ストライクゾーンがロッテに有利だった気がする・・・
   しかしロッテびいきという意味ではなく、
   各審判(特に初戦)のストライクゾーンが、ロッテに有利
   だった。
   ただ、第3戦(下柳投手が先発の試合)での
   併殺の時の誤審、あまりにも明らかな誤審であり、
   タイガースにとって大事な試合であった為、とても悔やまれます。

 2.試合間隔が空いたのはキツイ?
   やっぱり、試合間隔が空くという事は選手にとって
   大変な事であり、その準備を首脳陣が怠った(準備よりも
   怪我をしない事を重きに置いたのかな?)事で、
   結局、打てず・守れず・バントもできずという
   最悪な野球をしてしまったような気がします。
   (ひと昔前のよわ~いタイガースを思い出しました・・・)

 3.村上ファイナンス問題
   これも選手の精神状態に影響があったと思います。
   星野SDのHPにも書かれておりますが、
   タイガースの選手のロッカーなどでの話題は、
   村上ファイナンスの問題一色で、野球の話題が
   出ることは無かったそうです。
   一番大事な時に出てきたこの問題。
   村上氏がタイガースファンとは到底思えません。

 4.金本選手も人の子?
   こんなに打てない金本選手を見ることになるとは・・・
   ヒットどころか、ランナーを前に進めるバッティングすら
   出来ない。
   研究されている事ははじめから分かっていたはず。
   アニキも絶対ではないという事に気付かされ、
   金本選手の存在を脅かす選手の育成がタイガースにとって
   急務である事を実感させられた日本シリーズだった気がします。

しかし、これは負けたチームの言い訳でしかありません。
タイガースの選手は言い訳を一切せず、
既に来シーズンに向かっています。

6日は御堂筋優勝パレード!
今シーズン、いい試合をたーーーくさん魅せてくれた
選手やタイガース関係者にお礼を言いに行きましょう

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/03(木) 09:39:16|
  2. 阪神タイガース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ