FC2ブログ

タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

【映画】アントマン&ワスプ

マーベルコミック原作で「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー、アントマンと、同じく伸縮自在な戦うヒロイン、ワスプの活躍を描く。

アントマン&ワスプ

製作 :2018年 アメリカ
上映時間 :118分
監督 :ペイトン・リード
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、チャールズ・ニューワース、スタン・リー
原作 :ー
脚本 :クリス・マッケーナ、エリック・ソマーズ、ポール・ラッド、アンドリュー・バレル、ガブリエル・フェラーリ
音楽 :クリストフ・ベック
出演 :ポール・ラッド、エバンジェリン・リリー、マイケル・ペーニャ、ウォルトン・ゴギンズ、ボビー・カナベイル、ジュディ・グリア、ティップ・“T.I.”・ハリス、デビッド・ダストマルチャン、ハナ・ジョン=カーメン、アビー・ライダー・フォートソン、ランドール・パーク、ミシェル・ファイファー、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ダグラス

ストーリーは、
元泥棒でバツイチのヒーロー、アントマンことスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、いまはFBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される・・・


最近、DCみたいな重いテーマが続いたMCUでしたが・・・

本作はそれらに比べて、軽いノリとこじんまりとしたアクションが楽しめます

大笑いできるか否かは人それぞれ好みがあるので、コメントを差し控えますが・・・

単純明快のストーリーで老若男女が楽しめると思いますよ


前作や『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』、

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は観てた方が良いかもね




スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/10/01(月) 22:18:44|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ヴァレリアン 千の惑星の救世主

「レオン」「LUCY ルーシー」のリュック・ベッソン監督が、「スター・ウォーズ」にも影響を与えたとされる名作SFコミック「バレリアンとローレリーヌ」を実写映画化。28世紀の宇宙を舞台に、銀河の平和を守るエージェントの男女が巨大な陰謀に立ち向かう姿を、壮大なスケールかつイマジネーション豊かに描き出す。

ヴァレリアン千の惑星の救世主

製作 :2017年 フランス
上映時間 :137分
監督 :リュック・ベッソン
製作総指揮:マーク・ガオ、グレゴリー・ウェノン、JC・チェン
原作 :ピエール・クリスタン、ジャン=クロード・メジエール
脚本 :リュック・ベッソン
音楽 :アレクサンドル・デスプラ
出演 :デイン・デハーン、カーラ・デルビーニュ、クライブ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、サム・スプリエル、ルトガー・ハウアー

ストーリーは、
西暦2740年。銀河をパトロールする連邦捜査官のバレリアンとローレリーヌは、あらゆる種族が共存する「千の惑星の都市」として銀河にその名を知られるアルファ宇宙ステーションを訪れる。しかしその深部には宇宙を揺るがす邪悪な陰謀や、歴史から抹殺されようとしていたある秘密が隠されていた・・・


大好きなリュック・ベッソン監督の作品なので、弥が上にもハードルは高くなってしまいます・・・

なので、日本人が作ったSF映画のような違和感があったんよね

でも、多分そこそこ面白いんやと思います

それでも、上映時間137分は長すぎるし・・・

途中の中だるみも否めません


映像美は観るに値するので、ストーリー重視でない人は楽しめると思いますよ

(でも、私はこのテカテカな映像にセンスを感じないんですけど・・・)

でも決して、面白くない訳ではないので

(やっぱり、ハードル高すぎる




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/09/27(木) 22:12:39|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ランペイジ 巨獣大乱闘

巨大化した動物たちが暴れまわる、1986年に発売されたアーケードゲーム「RAMPAGE」をベースに、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で描くパニックアクション。

ランペイジ

製作 :2018年 アメリカ
上映時間 :107分
監督 :ブラッド・ペイトン
製作総指揮:マーカス・ビシディ、ドウェイン・ジョンソン、ダニー・ガルシア、ジェフ・フィアソン、トビー・エメリッヒ、リチャード・ブレナー、マイケル・ディスコ
原作 :ー
脚本 :ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル
音楽 :アンドリュー・ロッキングトン
出演 :ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン、P・J・バーン、ブリアンヌ・ヒル、ジャック・クエイド、デミトリアス・グロッセ、ウィル・ユン・リー、マーリー・シェルトン

ストーリーは、
ある遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化し、凶暴化してしまう。さまざまな動物の長所を取り入れた遺伝子によって巨獣と化した3頭の動物たちには、軍による攻撃も効果がない。巨獣たちはやがて大都会シカゴへと到達し、街中で破壊活動を繰り広げる・・・


思ってたとおりの展開

それがええねん

ハラハラドキドキの連続で、観終わったあとの爽快感はハンパない

何も考えずに観られる安定感バツグンの映画です

ある意味、ザ・ハリウッド的な映画ですね





テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/09/26(水) 20:48:52|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】パパはわるものチャンピオン

板橋雅弘、吉田尚令による人気絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」を、プロレスラー棚橋弘至の映画初主演作として実写映画化。悪役覆面レスラーとしてリングで戦う男と家族の絆を描く。

パパはわるものチャンピオン

製作 :2018年 日本
上映時間 :111分
監督 :藤村享平
製作総指揮:ー
原作 :板橋雅弘、吉田尚令
脚本 :藤村享平
音楽 :ー
出演 :棚橋弘至、木村佳乃、寺田心、仲里依紗、オカダ・カズチカ、田口隆祐、真壁刀義、バレッタ、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、KUSHIDA、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI-HASHI、内藤哲也、高橋ヒロム、淵上泰史、松本享恭、川添野愛、大泉洋、大谷亮平、寺脇康文

ストーリーは、
かつては人気レスラーとして活躍していた大村孝志は、ケガや世代交代の影響で現在は悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクとしてリングで懸命に戦っていた。孝志と妻の詩織は息子の祥太に大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、ひょんなことからゴキブリマスクの正体が孝志であることを祥太が知ってしまう。祥太は恥ずかしさとショックからクラスメイトにはパパは人気レスラーだと嘘をついてしまう・・・


泣こうと思って観に行ったのですが、思ってたのと泣くツボが違ってて、

ちょっと物足りなさを感じましたが・・・

それでも号泣


いろいろな「愛」が詰まった優しい気持ちになれる映画です

プロレス好きの人も、そうじゃない人も楽しめますよ

劇中、かなり鼻をすする音がしてたので、ハンカチを用意して観てくださいね






テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/09/24(月) 18:27:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】さよなら、僕のマンハッタン

「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督が、サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、ニューヨークで暮らす青年の恋愛や成長を描いたヒューマンドラマ。

さよなら僕のマンハッタン

製作 :2017年 アメリカ
上映時間 :88分
監督 :マーク・ウェブ
製作総指揮:ジェフ・ブリッジス、マリ・ジョー・ウィンクラー=イオフレダ、ジョン・フォーゲル
原作 :ー
脚本 :アラン・ローブ
音楽 :ロブ・シモンセン
出演 :カラム・ターナー、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズ、テイト・ドノバン、ウォーレス・ショーン、ジョン・ボルジャー、ビル・キャンプ

ストーリーは、
大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルドと名乗る不思議な中年男性と親しくなり、人生のアドバイスを受けるようになる。そんなある日、父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまったトーマスは、W・Fの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナに近づく。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる・・・


いい意味で古さを感じる映画です

「ある愛の歌」のラストを観た時の感覚によく似た感じ・・・

あとから考えてみると、複雑な人間関係なのですが、

さらっと流れ、ラストを迎えるストーリーが絶妙です

こういう映画を観ると、忙(せわ)しい心を静謐にしてくれる感じがして大好きです

(慌ただしい日常を忘れさせてくれますね)


それにしても・・・

邦題は原題の「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」のままで良かったのでは

(変えた意図とセンスが全く理解が出来ませんね)




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/09/20(木) 06:42:26|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ