FC2ブログ

タイガースファン大歓迎♪ 試合のない日や負けた日は別の話題に・・・(^_^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.21」@大阪城ホール

aiko Live Tour 「Love Like Pop vol.21」に行ってきましたー

aiko20190127.jpg


aikoのライブは2年ぶり

大阪城ホールの広い空間を利用した演出がとても綺麗

aikoの歌ももちろん最高

そして、トークが面白くてたまらない

大好きな「あした」もメドレーででしたが、聴けてめっちゃ嬉しかった


3時間が楽しすぎて、あっという間やったよ


キュートでポップなaikoのライブ また行きたいな


セトリ

1.熱
2.ハナガサイタ
3.遊園地
4.透明ドロップ
5.お薬
6.予告
7.もっと
8.白い道
9.あなたと握手
10.密かなさよならの仕方
11.明日の歌
12.ドレミ
13.あたしの向こう
14.ストロー
15.beat
16.ひまわりになったら
17.夢見る隙間
18.ロージー

アンコール #1:
19.メドレー
 ナキ・ムシ
 今度までには
 プラマイ
 えりあし
 スター
 あした
 恋のスーパーボール
 花火
 Loveletter
 二人
20.彼の落書き
21.be master of life

アンコール #2:
22.愛の病
23.ボーイフレンド


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2019/01/27(日) 23:50:28|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝謹賀新年 木村充揮と仲間達ライブ@西天満GANZ

祝謹賀新年 木村充揮と仲間達ライブに行ってきましたー

IMG_1581.jpg


音楽とトークが楽しめて、

笑いあり、笑いありで、めっちゃ面白かった

アコースティックの温もりが感じられるライブでしたよ


ビールを飲みながら聴けるのも嬉しいね

IMG_1567.jpg


3月、木村充揮さんのライブに行ってきまーす

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2019/01/14(月) 23:55:06|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】メリー・ポピンズ

ウォルト・ディズニー製作による傑作ミュージカル。メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースがアカデミー主演女優賞を獲得。また同歌曲賞を受賞した「チム・チム・チェリー」をはじめ、物語を彩る名曲の数々も魅力。

メリー・ポピンズ

製作 :1964年 アメリカ
上映時間 :140分
監督 :ロバート・スティーブンソン
製作総指揮:ー
原作 :パメラ・L・トラバース
脚本 :ビル・ウォルシュ、ドン・ダグラディ
音楽 :アーウィン・コスタル、リチャード・M・シャーマン、ロバート・B・シャーマン
出演 :ジュリー・アンドリュース、ディック・バン・ダイク、デビッド・トムリンソン、グリニス・ジョンズ、ハーマイアニ・バドリー、カレン・ドートリス、マシュー・ガーバー、エルザ・ランチェスター、アーサー・トリーチャー、レジナルド・オーウェン、エド・ウィン、ジェーン・ダーウェル、アーサー・マレット

ストーリーは、
やんちゃな子供たちの元に、風に乗ってやって来た不思議な家庭教師メリー・ポピンズ。優しくて美人で、おまけに魔法まで使えるメリーに、子供たちは大喜び。ところが彼らのパパは型破りな彼女を快く思わず・・・


娘と、「メリー・ポピンズ リターンズ」の復習がてら観ましたが・・・

内容が思ってた以上に無かった

ショーを観る感じで、映像と音楽を楽しむ作品ですね


TDLなどで流れているような曲がいっぱい出てくるので、

ちっちゃな子供も楽しめるんじゃないかな

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2019/01/06(日) 23:09:18|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】斉木楠雄のΨ難

「週刊少年ジャンプ」で連載され、独特な世界観が支持されている麻生周一の人気ギャグ漫画を実写映画化。生まれながらに最強の超能力を持ってしまったばかりに、日々災難に巻き込まれてしまう16歳の高校生・斉木楠雄の学園生活を描く。

斉木楠雄のΨ難

製作 :2017年 日本
上映時間 :97分
監督 :福田雄一
製作総指揮:ー
原作 :麻生周一
脚本 :福田雄一
音楽 :瀬川英史
出演 :山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、田辺誠一

ストーリーは、
高校生の斉木楠雄(山崎賢人)は、テレポート、テレパシーなどの超能力を持っているが、その力を使わずに済むごく普通の生活を望んでいた。しかし彼の周囲には妄想美女の照橋心美(橋本環奈)や、思考が読めない燃堂力(新井浩文)、中二病の海藤瞬(吉沢亮)ら変人ばかりが集まってしまい、彼らが起こすトラブルに巻き込まれては、ひそかに超能力で危機を避けていた。そして毎年行われる文化祭の当日を迎え・・・


バカバカしすぎて面白い

この笑い、好き嫌いがはっきり分かれるんじゃないかな

でも、キャラが立ちまくりなので、それだけでも面白かったよ


私的に、橋本環奈さんの声があまり好きじゃなく、今までいい印象がなかったのですが・・・

そういう意味で、今回の役柄はピッタリ

いい演技されてましたよ




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2019/01/03(木) 05:37:24|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【映画】ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕

『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手掛け、エディ・レッドメイン演じる魔法動物学者を主人公にしたファンタジーシリーズの第2弾。パリの魔法界にやって来たニュート・スキャマンダーたちの戦いが展開する。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

製作 :2018年 アメリカ
上映時間 :134分
監督 :デビッド・イェーツ
製作総指揮:ティム・ルイス、ニール・ブレア、リック・セナト、ダニー・コーエン
原作 :J・K・ローリング
脚本 :J・K・ローリング
音楽 :ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 :エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラビッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ブロンティス・ホドロフスキー

ストーリーは、
アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドアから特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデルバルドの行方を追う・・・


3部作の2作目という事で、繋ぎ感は否めませんが・・・

前作を観てから時間が経ってたので、忘れてたところも・・・

観る前に復習が必要な作品ですね


それでも、ファンタジーなところは前作と同様

老若男女が楽しめるエンターテイメント映画でしたよ


次作がめっちゃきになる展開です


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2018/12/10(月) 23:10:11|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

KEN1(kakf31)

Author:KEN1(kakf31)


みんなのプロフィールSP

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。